【冬の威力】・・・・・・・・・・Page14



c0174019_12152387.jpg



先月まで温かな湿り気を含んだ南風の吹く事が多かった島にも、
11月も半ばに入り、温かさを失った少し先の尖った北風が吹き込む日が多くなって来ました。

そんな北風に吹かれながら…2008年の夏の思い出を大切にPaginateする時間を、ここ数日過ごしています。

だけど…
こんな風な気だるい時間も今の私にとっては、必要不可欠な時間なのだと…島に実際住んでみて気付きました。
何もしない。何も考えない。自分をリセットする時間。

昨日までの、忙しさが嘘のように…。
大好きなコーヒーを飲む、チョッと一息の余裕さえもなかった日々。
夜は疲れ果てて、布団に潜り込むと知らぬ間に眠りに落ちていた日々。

嵐の去った後の様な、静けさが突然…私を包み込む。

皆さんは、こんな贅沢な時間をどのように過ごされていますか???
何も予定していないのに、突然「ポツッ」と空いてしまったOFFの時間。
その人その人によって、素敵な時間の使い方があるのでしょう。
そんな時間の使い方が、生きていく上での大切な要素を生み出す為のエッセンスになるのしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


がぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~っ。しかしぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~っ。
わたしには~~~~~っ、
性格的に…無理無理無理無理無理やぁ~~~~~ん。絶対無理やぁ~ん。
一時もじっとなんかしてられへん。
じっとしてたら固まって死んでまうわっ。(あんたはマグロかっ。と、突っ込み入れてぇぇぇ~~~。笑)
朝からコーヒー何杯飲んどんねん。お腹チャッポンチャッポンやぁ。
何も考えないふりしてたら、とんでもない事考えてまうやん~~~っ。
頭が元々アホやのに、もっとアホになってまうわぁ~~~ぁ。

ゲストが少なくなってしまうから、こんな時間ができてしまう。
こりゃ、いかん。ゲストを呼び込まなぁ~。

と、いう事で…
この「ポツッ」と空いてしまった時間を有効活用するべく、
冬の久米島に「ゲストを迎える」企画を思案中です。
(流石関西人、タダでは動かへんでぇ。笑)

水温が低かろうが、北風がビュービューだろうが、魚影が薄かろうが…
(※注意…日によっては、夏の様な日差しの日もあります。決して毎日が真冬な訳ではないですよ。汗。
これを書いとかないと、後で叱られちゃいます。笑。)

「久米島に行きたい!!!」
「ESTIVANTで潜りたい!!!」
「スタッフともっと仲良くなりたい!!!」


と思って、ここ久米島ESTIVANTに足を運んでみょうと…思って頂ける企画。
(そんなモンあるんかいなぁ。そんなん簡単にあったら、どこのサービスも実行してるわなぁ。汗)

自分が実際にゲストだった頃の気持ちを思い出しながら…
どんなんだったら・・・わざわざ寒い沖縄に来たいかなぁ~~~って??

絶対に…ハンマーが見れるなら…いやっ、近寄って撮影できるなら……行きたい。
必ず…一日二回はトンバラを潜らせてくれるなら……行きたい。
出来ることなら…マンタに乗っからせてくれるなら……行きたい。
漏れなく…ザドウクジラと併走させてくれるなら……行きたい。
何が何でも…ランチに毎日魚介類たっぷりの温かいお鍋を無料で出してくれるなら……行きたい。
間違い無く…毎晩スタッフ代わる代わる私の愚痴を聞いてくれるなら……行きたい。
必然的に…海から上がってきたら、お船の上で温泉に入れるなら……行きたい。

どれもこれも…勝手に言っとけ!!!的な要望。
私以上のワガママなゲストさんが、居ない事を祈るしかないなっ。汗。


ただ…
この久米島の海に魅せられた私の率直な意見としては、
「夏の沖縄なんか何処いっても、大差ない。笑。勝負は冬に如何に威力が発揮出来るか!!!
マンタが近くで見れて、ドップリ太ったハンマーが群れで見れて、運が良ければザトウクジラを水中で見れちゃう…かも。
しかも、冬なのにモンツキカエルウオの求愛が見れる…かも。
イーグルレイシティ真っ青のマダラの大群も見れる…かも。
その上、ガイド独り占めのマンツーマンも可能…かも。
それだけで、充分やん。ゲストは甘やかしたらアカン。笑。こんな贅沢どこにあるねん!!!」

と、あくまで私の心の内を小声で語ってみました。自爆です。

夏に来て下さるゲストさんもとっても有り難し、嬉しいのですが
正直に言ってしまうと
冬に来て下さるゲストさんは、印象にクッキリハッキリ残ります。
それだけ、スタッフとの絡み具合も増え、接する時間も増えちゃいます。(嫌でもです。笑。)
もちろん、許される範囲の我侭も、スタッフの心に余裕たっぷりのこの時期ならではです。


暖かい海外にツアーを募って、ゲストの皆さんとリゾートするだとか…
この際、もっと寒い北の海で、極寒地でしか見れないモノを見る温泉あり、美食ありのツアーを組んでみたりだとか…
久米島以外の企画でゲストの心と身体を満たす事も一つの案でしょう。
だけど…わたしは…
この私が愛して止まない「久米島」「ESTIVANT」で、冬の勝負がしたい。
(いつの間にやら…勝負になっとるで。笑。)
そして、皆さんと勝利の祝杯を挙げたい!!!…と、思っとる訳なんです。はいっ。


皆さん…
どんな企画があれば、「冬の久米島、ESTIVANT」に、来ようと思って頂けちゃいますか???
(最後の最後は、ゲスト頼みかいっ。…流石わたし。爆。)


数日後のUPをご期待下さい。
きっと皆さんが「行ってみたい!!!」と思ってしまい、知らない内に予約メールを入れてしまう様な、企画をあげてみせましょうぞっ。
(ほんまかいなぁぁぁ。まっ、無理やなっ。きっと。自爆。)



『Page14 Photo : マンタロードの住人』
ねっ。凄いでしょ。こんなに近寄れちゃうんですよ。
久米島の南側…冬の「マンタロード」では、しばしばこんな出逢いが、私たちを待ち受けてくれています。
[PR]

by paginate | 2008-11-10 13:01 | Sea-Chapter

<< 【烏賊】・・・・・・・・・・P... 【味の向こう側】・・・・・・・... >>