【小夏日和】・・・・・・・・・・Page68



c0174019_1491588.jpg



2009/11/27
26℃/23℃(最高/最低)
東の風 やや弱く

秋から冬にかけての時期に、まるで春のようにポカポカ暖かい日のことを

“小春日和”といいますが、

ここ琉球では“小夏日和”というそうです。

確かに、今日の球美の島は、

「春」というよりも、「夏」のように太陽光が燦々と降り注ぎ、汗ばむほどの陽気です。

水面の緩やかに揺れる波に陽が差して、

視界全面が「夏」そのもの。

こんな時…

こんな素敵な時間を、この球美の島で過ごせる事の幸せに、

感謝せずにはいられない…私なのでした。



“琉球”ってなんだか不思議な風を感じますよ。



こはるびより【小春日和】ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋
晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時などの、穏やかで暖かい天候のことである。
小春(こはる)とは陰暦10月のこと。現在の太陽暦では11月頃に相当し、
この頃の陽気が春に似ているため、こう呼ばれるようになった。
よって、俳句においては「小春日和」・「小春」は冬の季語となる。



『Page68 Photo : Indian Summer』
10月の初旬に種を蒔いた向日葵が、つぼみを膨らませてくれています。
半月後くらいには…満開に咲いてくれるのでしょうか???
12月に満開の向日葵。
素敵過ぎると想いませんか???

※「てぃーだ」とは、沖縄の方言で「太陽」の事です。
[PR]

by paginate | 2009-11-27 11:28 | Island-Chapter

<< 【戦闘態勢…万全】・・・・・・... 【Paginate Calen... >>