【序】・・・・・・・・・・Page0




c0174019_17331962.jpg




今、一冊の本が目の前に置かれています。
その本には、まだ何も印刷がなされていません。
表紙さえ、真っ白です。
これから…
ゆっくりと時間を掛けて、
私のスタイルで、自由に書き上げ、色づけしていこうと思っています。

ただ、
本のタイトルは、既に決めました・・・

『Paginate』

半年前まで私が公開していたブログ≪YUKO'S BLUE LOG≫で、
最後にUPした記事のタイトル「Page」から取りました。


[paginate:(他)(本などに)ページ付けをする。ページ綴りをする]


≪YUKO'S BLUE LOG≫に対して、私自身かなりの思い入れがありました。
人生のターニングポイントでもあった時期の約三年間の様々な思いが、
私の心の中で凝縮され、その思いをキーワードとした記事のブログでした。
その頃の大切な気持ちを忘れない為にも、この新しくスタートさせるブログに、
少しでも関連付けれる“何か”を残しておきたくて、
≪YUKO'S BLUE LOG≫の60のタイトルの中から
「Page」を選びました。

日々の暮らしの中の感動・思い・反省・痛み・歓び…全ての出来事から感じ取った事柄を一枚の用紙に刻み込む。

そして…ページ綴りをする。

≪Paginate≫では、≪YUKO'S BLUE LOG≫のように
海の写真中心の内容ではなく、
日々生活している時間の中で
私自身が、自分の眼で見つめ
私自身が、自分の耳で聞き
私自身が、自分の心で感じた出来事を
私自身の真の言葉で正直に、発信していこうと考えています。

もちろん今まで同様、水中写真も沢山組み込むつもりです。
海は私のフィールドであり、私の元気の源でもあるのですから。

ただ…
今までは何かに遠慮し、書きたくても書けなかったグレーの部分も
これからは、自分の心に正直に
“書きたいことを書く”をテーマの一つに置きたいと思っています。

この先…
≪Paginate≫を見て頂いて、様々な意見や感想を持たれるかも知れません。
共感反感、賛成反対、どんな意見や感想でも構いません。
意見交換が出来る方で、共にページ綴りを楽しんで下さる方だけに見て頂けたら…
そして、共に成長していければ……。

と、勝手な事を夢みての……再スタートです。


どうぞ、宜しくお願い致します。


久米島 DIVE ESTIVANT 川本裕子



『Page0 Photo : Sunflower』
草花をこよなく愛する私。(似合いませんか???笑)
大好きなお花は数々あれど、向日葵は別格です。
記念すべきPage0に因んで、大大大好きな向日葵でUPしてみました。
今さっき撮影してきた、撮りたてホヤホヤです。
皆さん…まだまだ夏真っ盛りの久米島。
充分間に合いますよ。(ちょこっと営業。笑)








YUKO'S BLUE LOG 2008.02.28投稿


【Page】


c0174019_741643.jpg


人生を一冊の書物に例えるとするならば…
一日一日は、ページという真っ白な空間に、
人それぞれの、その日起こり得た出来事を
文字であったり、色であったり、写真・図形等のビジュアル素材であったり、
様々な素材で、埋め尽くされた創造作品。


それは…
ある日は、絵日記のようであったり、
百科事典のようであったり、
攻略本のようであったり、
写真集のようであったり、
又はファッション雑誌のようなものかもしれない。


その日を、その24時間をその人が如何に過ごし得たか、
そして、その人の心の中で、どのように消化されたのか、
それが、その日のページに、次々と刻み込まれて行く。


それは…
A3大判の大きさであったり、
文庫本の大きさであったり、
マガジン雑誌の大きさであったり、
その日その日によって、サイズは区々ではあるのだけれど
最後は、何故か綺麗に製本されてしまう。
そんな不思議な書物である。


2008年2月2日から2月25日までの“クジラ船開催の24日間”の私のページは…


ある日は、モノクロ写真集であったり…。
ある日は、様々な色で埋め尽くされた絵本であったり…。
ある日は、ある人物のポートレートであったり…。
ある日は、面白くてなかなか終われない漫画本であったり…。
ある日は、難しすぎる哲学書であったり…。


それぞれ違った種類ではあるのだけれど
全ての軸は、「球美の海の素晴らしさ」に満ち溢れていました。


大歓声を高らかに挙げた日もあれば、不安に苛まれる日もありました。
だけれど、今こうしてこの文章を書いていて思える事は、
全て含めて…
“自然の素晴らしさ”“球美の海の素晴らしさ”なのだと。


今…24日間のページを捲りながら、
今年の私のクジラシーズンが幕を閉じようとしています。
24ページ全てが輝いています。
どのページも、どのページも、大切な思い出の一ページです。


ご一緒して下さった全ての皆様に…御礼申し上げます。


今年クジラ船に乗船して頂けたゲストの皆様…


初めて乗船して頂いたのに、ザトウの姿を遠くからしか見れなかった方もいらっしゃいました。(ごめんなさいね。)
今年は頭数が少なかったのに加え、天候・海況にあまり恵まれず、辛い日も確かにありました。
でも何時の日か、きっと、ザトウの写真で埋め尽くされた夢のようなページを書き込めるはずです。
そんなページを人生の書物に残す為にも、
これからも“球美の海”に足を運んで下さる事を願って止みません。
何時の日か、共に喜びのページを刻み込みましょう。


毎年このクジラ船を愉しみにして頂いていて、今年も乗船して下さったゲストの皆様
今年は、例年に比べるとクジラの数的には、辛さ1/2歓び1/2という感じではありましたが
今年も船上では、数々の愉しいシーンを過ごさせて頂きました。
皆さんの今年のクジラ船のページは、どんな感じに綴られていますか???


私のページは、どのページもピカピカに輝き、皆さんの笑顔が一杯綴られています。


皆さんのページにも、素敵な物語が綴られていると…嬉しいな。


最後にもう一度。
今年も愉しい素敵なページを綴らせて頂いて…心から感謝しています。
全ての皆様に…ありがとうございました。
そして、来年も一緒に素敵なページを綴れますように……。
[PR]

by paginate | 2008-08-28 11:45 | Feeling-Chapter

<< 【167Days】・・・・・・...