【Treasure hunting】・・・・・・・・・・Page4


c0174019_21442556.jpg



ほぼ毎日、球美の海を潜っています。
その毎日のダイブの中で…
アシストするでもなく、ガイドするでもなく、カメラ撮影するでもない日。
最近嵌っているのが…「ガレ場の宝探し」

これが、嵌ると愉しくて愉しくて、アッと言う間に時間が過ぎてしまい、
ゲストの皆さんよりお船に上がってくるのが、遅くなってしまう程です。
(ごめんなさい。反省しています。たぶん。笑。)
で、お船に上がってみると…ロクハンの膝に穴が開いている訳です。爆。
(今年の夏だけで、ロクハンのロングジョンと5mmのワンピースの膝に見事な穴ボコ。沈。)

この「ガレ場の宝探し」の一番の歓びは、もちろんレア物です。
誰かに見せてもらっても嬉しいレア物が…
自分で探せた時の歓びは一入です。

で…
今年の夏一番の歓びが、この「カエルアンコウモドキ」
ポッテリ太って、素敵な模様で、お目目キラキラ。
この子を見つけた時の私の慌てようをお見せしたい程です。
はぐった大きな岩を、この子の上で落としてしまいそうになりました。汗。
こっちの再現フィルムの方が…超レアかも…です。笑。

恐るべし…球美の海
まだまだ…お宝が眠っている筈。
日々精進して、皆さんに色々なモノを紹介出来る様に、頑張ります。



c0174019_21451981.jpg




※このガレ場探しには、結構技術を伴います。
剥がした岩は、なるべく前あった通りに返したり、返した岩の隙間を埋めたりと、
その場の環境を崩さないための最大限の配慮が必要です。
(私もこの夏、色々教えて貰いながら、今現在も奮闘中です。)
このブログを見て頂いて、単純に無闇にガレ場を掘り返す……なんて方はいらっしゃらないと思いますが…。
ご配慮よろしくお願い致します。
どうしても、ガレ場を愉しみたい時は、その海の事をよく知っているガイドさんに聞いてからにするか…
是非…DIVE ESTIVANTにいらして下さい。ガレ場スペシャリティという講習も行っております。
(又又…チョコッと営業になっちゃいましたね。ごめんなさい。笑。)



『Page4 Photo : '08 Special idol』

「Paginate」初のダイビングでの水中写真です。
今年7月に、ようやくデジイチのデビューを果たしてしまった私。

Canon EOS 40D
(この秋には50Dが発売されるというショッキングなニュースは、横に置いといて、っと。汗。)
ハウジングはNautilus NEO
ストロボはINON D2000 Type3の二灯付け

今まで銀塩で、「やっぱりポジじゃないとねぇ」等々の発言を消去したい程の快適さ。
今では、水中でデーター弄繰り回して、遊びまくっています。
いやぁ。時代の進歩は…私を置き去りにされていたようです。
浦島太郎の気持ちが、痛い程解ってしまいました。笑。
一つの被写体に対し、逐一画面を確かめながら、あらゆるデーターを試せる。
こんな夢のような事してて…いいのでしょうか???笑。

が…銀塩は銀塩の楽しみ方が一杯あるので、F100も売らずにしっかりワイドモードスタンバイです。
ポジをルーペで覗く瞬間の楽しみは、時代が進歩しても捨てきれません。

今回の「カエルアンコウモドキ」は、ちょっと真面目に殆ど遊びなしのデータのものを選んでUPしてみました。
この子の身体の模様、素敵でしょ。
「こんな生地のワンピースがほしい!!!」っと思ったのは…私だけでしょうか???爆。
[PR]

by paginate | 2008-09-09 21:39 | Sea-Chapter

<< 【Blog Debut】・・・... 【ESTIVANT GARD... >>