カテゴリ:Tsuyoshi-Chapter( 5 )

【究極の男祭り】・・・・・・・・・・Page141


久しぶりに登場します。川本旦那です。

書きたくなったので、無理を聞いてもらって書いてます。

先日、凄い光景を目の当たりにしました。

ダイビングポイント「シチューガマ」の棚上水深7mで、

クギベラの雌が集まっているいるのを見かけました。


c0174019_11105669.jpg



マクロレンズだったので、一部しか撮れていませんが、

その数、ざっと40匹!!

「おっ、雌と雄の産卵放精か?!」と思い雄を探すと、

雄が1匹しか見当たらない・・・・。

しかも、やる気満々な求愛行動で、胸ビレの動きが速くて、

写真でも捉えられない!!


c0174019_1112576.jpg



「まっ、まさか・・・・、お前はこの数の雌を、たった一人で・・・・いや、一匹でお相手しようと言うのか・・・・・。」

「なっ、何と羨ましい・・・・、いや、もとい、・・・なっ、なんと無謀な・・・・。」

そうこうするうちに始まった求愛行動から繁殖行動!!

まさに、究極の一人男祭り!!


c0174019_11125635.jpg



次々と求愛行動し、次々と雌をその気にさせ、産卵放精していく!!


c0174019_11132639.jpg



次々と襲い掛かってくる(?)雌に対応していく!!

速い!速すぎて追えない!!写真がどうしてもブレる!!


c0174019_11135839.jpg



圧巻だったのは、上の画像の雄の速さである。

次の雌が早くその気になって上昇してくるものだから、雄の方が後追いになる。

しかし、雄は追いついて産卵放精をしていく!!

画像の雄が雌に比べて、ボケているのは、ピンだけの話ではなく、

雄の速さに、シャッタースピードが追いついてないのである!!

以前、一分間に8匹の雌と産卵放精してたヤマブキベラの雄に、

思わず拍手を送った事もある僕だが、彼は桁違いだった!!

「絶望的でも、男はやらねばいけない事があるんだぜ!!」

求愛の合間に、妙に顔色の良く、そう言っているようなドヤ顔をしている彼でした!!


c0174019_1115232.jpg



しかし、何所から、どうやって、これほどの数の雌を集めたのだろう???





《以下、川本裕子のコメントです。》

って、あぁ~た。この最後の文で終わりなの???
普段から口が酸っぱくなるほど言っているでしょ。
「その話に落ちはあるのんか???」っと。汗。汗。汗。
まだまだ関西のノリが掴めてないねぇ~君。修行が足らんわっ。笑。

来世は、“クギベラ”に生まれ変われればいいですね。祈りなさい。
[PR]

by paginate | 2011-07-22 11:22 | Tsuyoshi-Chapter

【前略、母さん】・・・・・・・・・・Page38


c0174019_8322325.jpg



お久しぶりの川本です。
今回は今年のホェールウォッチングの時のお話です。


ある晴れた早朝から出た日の事でした。
8時から始まったあちらこちらで飛ぶブリーチング攻勢も一段落した後、
5頭が集まって、激しく泳ぎながらのバトルが始まりました。
時にはブリーチングやテールスラップし威嚇して脅したり、
時には突進したり押しのけたり体当たりしたりの激しいものでした。

本来このバトルを行う雄達の目的は、妊娠可能な雌をエスコートする事にあり、
すでにエスコートしている雄に対して行う謂れのない(?)言いがかりや喧嘩なのです
(平和な人間の資本主義社会で考えればね?!)。
この闘争によって互いに傷つくが、傷は表面的なものにすぎないみたいで、
最悪の場合でも出血して背面に傷痕を残す程度だと言われています。
バトルが終了すれば、それぞれ、1頭、2頭、3頭などに別れ、
先程まで大乱闘が嘘だったかのように落ち着いたゆったりした時間帯が訪れる
(これを僕等は「まったりタイム」と呼んでいるが?)。

ザトウクジラの安定した群れは沖縄や小笠原・ハワイなどの繁殖場では母子クジラが一番安定していて、
他の群れの形態は集まったり別れたりと不安定です。
多分、ザトウクジラの繁殖形態は往々にして一時的な社会関係しか持たず、
雌も雄も1繁殖期の中で複数の相手と交尾をする乱婚制である事を想像させられます・・・・俺だけ(泣)??

閑話休題、そのバトル中の事でした。
様子を伺っていると、ある狭い海域をぐるぐる周っている感じがするので、
多分、コース上になると思われる場所に、様子見の為に、ダメもとで下ろしてもらいました。
ボートが離れ、水面で待っていると何となくこっちにやって来る雰囲気!
これはと思い、水深10mほどまでスキンダイビングで潜り、待機してました。
周りをキョロキョロ見渡しながら、刻々と時間だけが経過して行き、
「やっぱり駄目だよな~!ザトやん達は俺らよりも当然、感知能力は上だし、
以前もよくやってみてたけど、そうそう美味い事にならないものな~?!」、
なんて考えながらそろそろ浮上しようかと思い始めたその時、
ふと後を見ると、イルカのようにえびぞりで胸ビレを合わせるように佇んでいる1頭の彼、
・・・・・・実際は、突然の近距離での出現に、時が止まったように感じただけで、
たまたま視界に入った異物を確認しに来た彼は猛スピードで僕の上を通り過ぎました。
瞬間、胸ビレに当たるかと思い、下がろうとフィンをかく僕を避けるように胸ビレを変化させ、
通り過ぎた彼は、水面で一旦停止し、それから体制を立て直したかのようにゆったりと泳ぎ去って行きました。

残った僕は、呆然と浮上しました。合図を送りボートを待つ間、画像を見てみると、
近すぎる為に腹あたりしか写っていないものや、近すぎる距離と早いスピードの為に流れている画像が続いていました(泣)。

写真はその後の太陽の陽を浴びながら、ゆったりと泳ぎ去る姿の1カットです。

あまり、絵にはならない遭遇でしたが、あの瞬間を思い出すと、今でも血が沸き立つような感覚で
鮮明にその時の光景が思い出されます。

凄い場面や近い場面に遭遇すると、彼らがとても繊細で臆病な生き物なのだと言う事に気づかされます。
あんな巨体なのに、彼らに近づきすぎた僕等にあたらない様に避けるように尾ビレや胸ビレや体を折り曲げて泳ぎます。

そんな場面を見る度に、大いなる感動に包まれてしまうのです。


前略
母さん、だから、クジラは止められないのです!




『Page38 Photo : 大接近』

(これより以下…川本裕子のコメントです。笑。)

この光景、お船の上から拝見しておりましたが…
ざとやんが水面に浮上してきた、正にその場所から数秒後に彼が浮上して来るのを見た瞬間は、
「逝ったね!!!」と、喜んで…あっ、間違った(笑)…ビビってしまいました。
無茶するんですよね~。彼。
クジラ船催行中、何度と無く冷や冷やさせられます。
でも、お船に上がってきて、撮った画像を嬉しそうに見せられると、許しちゃうんですけどね。
「私も行けばよかった」って、チョッピリ悔しかったりなんかして。
カメラ持っちゃうと…二人とも人格変わっちゃうんです。
前略(前略って、文頭に付けるんちゃうの???)
父さん、だから、クジラは止められないのです!!!


クジラ船もとうの昔に終わり、春真っ只中!!!に突入のPaginate。
本日…クジラの原稿が何気に私の許に上がって参りました。
クジラネタは二月中にお願いね…って、お願いしていたのに。汗。
季節感なし、時間にルーズ、おまけにKYな彼(笑)…
まっ。頑張って原稿仕上げて頂いたので…今回は許して上げましょう。

皆さんのコメント…お待ちしておりま~す。
[PR]

by paginate | 2009-03-13 09:03 | Tsuyoshi-Chapter

【味の向こう側】・・・・・・・・・・Page13



肌に突き刺すような陽射しの夏が終わった。
この時期の数日間はとても心地良い。
夏の気配を残しながら深まりつつある秋のほんの短い数日間。
けだるさと切なさと、逆にほっとするような安堵を備えた刹那の季節。
秋の柔らかな陽射しの中に揺れる無数の繊細な花々。
その全ての花弁は淡い彩色合いでときおり吹き抜ける優しい風に身を任せるように
そよいでる。

・・・・・・・・・ふっ、今回の登場は純平風に決まったと一人満足してる川本
です(笑)。

そんな心地良い季節の朝の出来事でした。


「だって、そういうコンセプトだから、しょうがないやんか!!」。

「コンセプトって言っても、結局はいっしょじゃないですか!!」

朝、店に入ろうとした僕に聞こえてきたのは、スタッフの純平と福太郎の声でした。
「うんうん、朝から白熱した仕事の議論はいいものだ!」などと、考えた僕は数分後
に大きく落胆することになる(泣)!!

朝の挨拶をし、議論の仲裁に入ろうとして話をよくよく聞いてみると、どうやら仕事の
話ではなく、チキンラーメンの焼ラーメンバージョンである「ヤキチキン(お湯をそそ
いで3分で出来上がるカップ麺)」の話で白熱した議論を展開してたらしいのだ。

純平の言い分としては、

「ヤキチキン」は焼きラーメンとしても楽しめ、しかもそそいだお湯がスープとしても楽
しめる一挙両得の優れものだという事らしい。

福太郎の言い分としては、

でも、味はチキンラーメンそのもので、それを買わなくても今までのチキンラーメンと何
ら差がないという事らしい。

島の限られた食材を考えるとインスタント物は重要な地位を締めるから、意地になるのも
解るのだが、そのパワーを仕事の方にもっと向けてくれればと切に願ったのは僕の我が侭
と言うものなのか?しかし、純平、福太郎、朝からカップ麺はきついぞ!!

その後、福太郎が出来上がった麺にかける特性ソースをかけてない事が判明し、それをか
ければ実際は全く違った味になるという事が解り、一件落着した。

二人ともお願いだ!新しい食材にチャレンジしてみるのはいいけど、新しい味覚とか、
味の向こう側だとか言って、賞味期限切れの食材に事務所で挑戦するのは止めて下さい。
しかも、赤福で!!


c0174019_13274100.jpg




【Page13 Photo : 朝からジャンク】
ESTIVANTのショップ内は朝からジャンクな香りが濃厚に漂い、このような光景がしばしば見受けられます。汗。
日本人なら朝は…ごはんにお味噌汁やろっ。せめてカップ麺と一緒におにぎりくらいは食べてくれぇぇぇぇぇ。
と、言いながら…私の今朝のごはんは「バームクーヘン」
だって…大好きなんやもん。バームクーヘン。笑。  By YUKO
[PR]

by paginate | 2008-11-06 13:25 | Tsuyoshi-Chapter

【奇跡の海】・・・・・・・・・・Page9




c0174019_2238475.jpg




「十年一昔」とは、よく言ったもので、1998年の世界的な高水温の影響によるサンゴ
の白化現象以前の久米島の本当のサンゴ礁の美しさを知っている人は、他のダイビングサ
ービスの面々を見渡してみても十人に満たない。エスティバンの歴代のスタッフの中でも
横山大介君までで、それ以降のスタッフ達はサンゴの白化現象以降の悲惨な状態から、現
在に至る再生状況しか知らず、それ以降から、何故、僕がダイビングスタイルを変更した
のかを語って聞かせる事が度々あった。

「いいか、昔はサンゴがどこにでもあったやろ!でも、今はこういう状態だから、いかに
魚や他の生物の美しさや珍しさ、生態を見せるような演出を考えてガイドしなければいけ
ない!」などど、簡単に説明しようとすると、「剛志さん、そんな事を言っても、以前の
久米島のサンゴ礁の美しさを知らない僕には解りません。」などど主張され、それから得
々と説明したのを思い出す。

9月下旬、海人の友人から連絡をもらった。「剛志兄ぃ、スーハヤ(瀬の連なる場所名、
ポイント名)の先のイノー(内湾)に花びらみたいなサンゴがたくさんあるとこ見つけた
よ~!!写真撮ったら綺麗なはずさ!!」。忙しい時には、ダイビングボートもお願いし
ている傍ら、ダイビングポイントになりそうな所を見つけると教えてくれる。海人が漁の
為に潜る場所はダイビングポイントとは少し赴きが違うのだが、僕等があまり潜らない場
所なので、時折、意外な発見があるのです。お互いの都合を合わせて、早速行って見た。

ボートを操船して、瀬渡りを繰り返しポイントに着ける日常を送ってないと、とても辿り
着けそうもない、慣れてない人には解りづらい場所にそのイノーはあった。

透明度のあまり良くない中、海中を進んで行くと、水面近くから水深8mの砂地まで辺り
一面に広がるオオリュウキュウキッカサンゴが群生してた。98年以降に着床したもので
はなく、高水温にも耐え、もともとそこに棲息していた彼等の雄姿は、何処にでも辺り一
面、当たり前に棲息していたサンゴ礁がゲレンデの雪景色のように変わり、死んでいく様
子をまざまざと記憶している僕にとって、ただただ大自然の荘厳さを感じさせた。そして、
潮が引けば、水中から出てくる場所に、水流やうねりに侵食されてもなお、過去はどれほ
ど雄大な景色だったかを想像させる一個体一個体がとても大きなサンゴ礁の瓦礫がリーフ
に根付いてた。


一緒に酒を酌み交わす仲であれば、十歳も上の海人の先輩からも、朝、せり市場の前や、
夜飲んでる席などで情報を教えてもらえる。「剛志、昨夜、あの辺に潜ったら、こんなサ
ンゴがたくさんあってびっくりしたよ!今度行ってみてポイントにしたらいいさ~!」や
「ダイビングポイントのシチューガマもウーマガイもトンバラザシもサンゴが凄く綺麗に
なったなー!でも、そこから東に行ったらもっと凄い所があったぞ!!」的な感じで。

僕等ガイドダイバーもそうだし、ゲストのダイバーの方々もそうであろうが、海人も皆、
海に癒されてるのです。例え、夜潜って獲物を獲っていても、目の前に見える景色の変化
を敏感に感じているのです。そして、皆が想う気持ちは実はいつも同じなのです。

「球美の海のサンゴ達、頑張れ!!」



『Page9 Photo : 生き抜いた珊瑚礁』
白化以前の長い年月を久米島で過ごし、悲惨な状況を受け入れてきた人々だからこそ、
感じるモノが沢山あるのでしょうね。
素敵な事だと思います。 By YUKO
[PR]

by paginate | 2008-10-10 22:13 | Tsuyoshi-Chapter

【Blog Debut】・・・・・・・・・・Page5



初のブログデビューの川本です。何を隠そう(隠してないけど?!)ショップのブログ
にさえも書いた事のない僕なのです。一回目の原稿を、「写真が多すぎる~!!文章が
少な~い!!」などの理由で、見事にボツにされ、日々考え続けていました。

他のブログで報道陣の前で謝罪する船場吉兆の息子や母社長のように揶揄された事のある
僕としては、ブログと言うものはデリケートなものだから、「スマートに!上品に!!」
を念頭に置き考え続けてました。

そして、輝くべく第一回のブログデビューのテーマが浮かびました!!

写真が地味目なのが嫌ですが、シブい、シブすぎるテーマです。

「タコの交接」です!!・・・って、どこが上品だー(泣)!!なんて、声が聞こえて
きそうですが、そんな声などお構い無しに書き進めていきます。だって、それが、ブロ
グだも~ん!!


さて、7月の上旬にタイのビックブルーの大村健君が奥様とゲストを連れて遊びに来て
くれた時のお話です。ガイド会のメンバーである、本部のファイブオーシャンの高野肇
君、西表島のダイブラティークの佐々木要君の所を周って、最後に来たのが久米島・ダ
イブ・エスティバンの僕の所でした。「締めを会長のいる久米島にするなんて、大村君
も見所があるね!」なんて言ったら、「川本さんが忙しいから6月下旬は駄目だって言
ったんじゃないですか?!」なんて返され、そんな事などうっかりすっかり忘れてしま
っていた僕は、大村君グループの担当に志願して精一杯ご奉仕しようと思った訳です。

あるポイントでのガイド中の事でした。大村君と奥様がワモンダコの交接を見てました。
安全停止中だった僕等は食い入る様にその場面を見た訳です。そのうち、どうしても撮影
したくなって、大村の持ってるキャノン5D(100mmマクロ)を、ガイド会会長とい
う威光(?)や逆らったらどうなるかなどの嫌がらせを最大限に発揮して、「ぜひ、使
って下さい!」と言う大村君から借り受けて撮影したカットです。雄の交接腕が雌の卵
巣に伸び交接する姿はあまり変化がなく見てても退屈なのですが、「あの雌の体内に伸び
た交接腕はどんな動きをしているのであろう?」とか、「終わった後に興奮した雌が雄の
交接腕を切らないだろうか?(他の脚は生えてきますが、交接腕は生えません)」、「も
し、この雄が初体験だったら、人生一回きりなんだよな~?!」とか色んな事を考えるさ
せられてしまうのです(笑)。最後まで観察する時間がなかったので、その後はどうなっ
たかはしりませんが、翌日、すぐ側で卵を産卵する為の巣穴に入っている彼女を見つけま
した!雄がどうなったかは知りませんが、交接自体は上手くいったのでしょう!!

でも、その翌日、掃除された巣穴にワモンダコいませんでした。・・・・きっと、誰かに
採られたのでしょう(泣)?!



c0174019_1833268.jpg





『Page5 Photo : Debut』

(これより下記…川本裕子のコメントです。笑)

二度目の原稿が私のパソコンに上がって参りました。
一度目をボツにしてしまっている以上…二度目のボツは…あまりにも可愛そう…と、いうことで、UPしちゃいました。笑。
どこまでも続く「Tsuyoshiワールド」・・・流石の私も堪忍袋の緒が…爆笑。

皆様のご感想をお待ちしております。
[PR]

by paginate | 2008-09-14 18:17 | Tsuyoshi-Chapter