カテゴリ:Sea-Chapter( 41 )

【アイドル】・・・・・・・・・・Page194


c0174019_0585623.jpg


ブリーフィング中に

「次のポイントでは、モンツキカエルウオが見て頂けます。」

と言うと、ゲストの皆さんの殆どの方は笑顔になります。

今までガイドをしていて…

結構レアなカエルアンコウ類や、綺麗なハゼ類でさえ、「私、この子はいいです!!!」と言われた経験はありますが、

このモンツキカエルウオに至っては、、「この子はいいです!!!(見なくていいです)」と言われた事が、未だかってありません。

その理由は、色々なパターンで楽しんで頂けるからでは無いかな???と、思っています。



例えば…卵を守っているシーン。

c0174019_191777.jpg



例えば…お相手を探してソワソワしているシーン。

c0174019_1102522.jpg



例えば…お相手見つけて猛アタックシーン。

c0174019_1122388.jpg



例えば…真後ろにもお目目が回るシーン。

c0174019_1112613.jpg



その時、その時で出逢えるシーンが、これ程豊富な方も少ないのではないでしょうか???

明日はどんなシーンの「モンツキカエルウオ」に出逢えるのか???

楽しみで仕方がありませんね。

私、未だ…

産卵中に、二匹並んだモンツキカエルウオ達を拝見した事がありません。

パートナー(川本剛志)の写真でしか見たことがないのです。


c0174019_1214635.jpg


何時の日か、こんな素敵なシーンに出逢えることを祈って…

明日も、「みんなのアイドル」モンツキカエルウオに逢ってきます。



※なぜ「モンツキカエルウオ」と言うか…皆さんご存知ですか???
身体の丁度お腹の辺りに「紋」の様な模様が現れる時があるそうです。
菱形の様な模様で、金色に輝いているとかいないとか。
普段は余り身体の表面に現れないらしいのですが、身体の色合いが少し黒味掛かった時に現れるようです。
研究者の方も何時現れるのか余りハッキリとは解っていないようですが、
和名を提唱する時の標本に、この「紋」が現れていたから、和名が「モンツキカエルウオ」となったのではないかと言うお話でした。

因みに…たまたま薄ら現れた時を撮影していました。

c0174019_1355449.jpg


本当は、もっとこの「紋」が輝いているそうです。

次回撮る機会がありましたら、もっとちゃんと撮ってきます。040.gif
[PR]

by paginate | 2012-11-23 01:38 | Sea-Chapter

【会長夫人が行く!!屋久島の旅】・・・・・・・・・・Page191

c0174019_16335030.jpg


この写真を見て以来…

何時の日か、実際にこのシーンを写真に収めたいと想いを募らせ、

『この写真以上の素敵な写真を絶対撮って見せる!!!』と夢見ていた…わたし(笑)

そんなわたしの目の前に…

7/25。突然人参がぶら下ってきた。

Facebookに、『ジョーのハッチアウトの動画』がUPされたのだっ。

なんにをしてくれるの!!!原崎森!!!

こんなん見たら…私がジッとしている筈がない…いやっ。ジッとしていられる筈がない。

人参食べたさに、食べれるまで走りまくるに決まっているのに…。



『夕暮れ商法』なら未だ確率も高いものの…

『見れるかも知れないよ商法』は、確率がほぼゼロに近いと解っているのに…

まんまと…引っかかってしまった。笑。

普段ガイドしていて、ゲストからお電話やメールで、『今○○見れますか???』の問い合わせに、

『昨日までは見て頂けてましたが、明日以降絶対に見て頂ける…とは言えないですね。

でも、なんだか見て頂ける感じはしますけどね。』なんて、ちょっといい加減なことを言っていた…わたし。

ゲストの切実な気持ちがちょっと理解できました。笑。

次からは、『見れないと思って来て下さい。それで見れたら感動はもっと大きいですよ!!!』くらいにしとこうかしら???笑。



で…

そのFacebookに、『ジョーのハッチアウトの動画』を見た次の次の日…

森さんの「絶対に無理​!」とも言い切れませんが。。。に望みを賭けて…

屋久島に初上陸を果たしたのでありました。

勿論サービスは……『もりとうみ』



c0174019_17183426.jpg


結果…

『ジョーのハッチアウト』を写真に収めたいという、私の妄想は木端微塵に吹っ飛ぶ訳ですが

まっ。海も陸も楽しい時間を過させて頂けたので…

森さん…今回はこれぐらいで勘弁しといたるわっ!!!笑。

(何しろ…ベタな大阪のおばちゃんなものでして…。汗。)



c0174019_17192876.jpg


今回の旅も…

素敵な海。素敵なガイド。素敵なスタッフ。素敵なゲストの皆さん。

と、素敵尽くしの旅となりました。

私達とご一緒して下さいました皆様に…感謝です。

ありがとうございました。

又、来年…

森さんの言葉『たぶん。六月なら見て頂けますよ』という人参をぶら下げて

『見れるかも知れないよ商法』にまんまと引っかかりに帰って来たいと思っています。笑。

次回は黙ってないで…森さん。うふふふふっ。

(来年は…大阪のおばちゃんの本性を、しかと発揮させて頂く所存です。怖っ。笑。)



c0174019_17311373.jpg


因みに、

男性お二人は口を開けば…生態学や分類学のお話ばっかり。

ペア産卵と群れ産卵の両方するのは、ニシキベラ属の中では、コガシラベラとニシキベラが良く知られてるけど

環境の違いによっては、そのエリアの優占種が変わるから、あるエリアではオトメベラやハコベラもするんだよ!!!

とか…

水深や環境の違いで、ポイントが少しずれるだけで、スズメダイ等の優占種が微妙に変わるから、一概に優占種と決めつけるのは難しいよ!!!

などなど…。

最初は真剣に聞いていたけど…飽きてきた。爆笑。

途中から、他のゲストと女子話に花を満開に咲かせておりました。

最後には…

森さんに、『ベタな大阪のおばちゃん』と言われてしまいました。笑。

大阪人にとって、最高の褒め言葉です。

ありがとうございました。040.gif



必ず…来年帰って来ます。

c0174019_1746516.jpg




過去の夫婦旅シリーズです。宜しければご覧ください。

第一弾  【会長が行く!!!ガイド会の海《小笠原諸島編》】


第二弾  【会長が行く!!!ガイド会の海《タイ・カオラック編》】


第三弾の【会長が行く!!!ガイド会の海《静岡三保編》】は、ボツりました。が…今年の10月に実行予定です。


第四弾の【会長が行く!!!ガイド会の海《沖ノ島編》】は、カメラを持参していなかった事と、ゴールデンウィーク突入の為、ブログを挙げていませんでした。今気づきました。純平さんごめんなさい。許して下さい。
[PR]

by paginate | 2012-08-02 17:48 | Sea-Chapter

【Clear or Not clear】・・・・・・・・・・Page190

c0174019_15332572.jpg



写真をブログなどにUPする場合…

私の場合、

その日の気分で、写真の形態がが大きく左右される。



c0174019_15371264.jpg


何だか乙女チックな気分の日には…

ふんわりした優しい感じで、何処にピントが来ているのか定かではないけれど

何だか雰囲気がいい感じ~~~。♪

(↑何時もの勝手に言っとけ!!!です。皆様見て見ないふりをお願い致します。笑。)



c0174019_15395957.jpg


乙女チックとは打って変わって、

何だかしゃきしゃきモードの日には…

くっきりはっきり、まるで図鑑写真の様な生態写真の様な。



どちらも私の写真で、どちらも大好きなんだけど…

今日は『Not clear』な方が好みのようです。

うふっ。すなわち…今日は乙女チックな日???爆笑。



貴方の今日の気分は…【Clear or Not clear】どちらですか???



c0174019_15443964.jpg


この子…

『テヅルモヅルエビ』とおっしゃるのですが…

前頭部辺りをよ~くご覧ください。

何だかウルトラマンに出てくる星人に見えてきませんか???

上から見るとこんな感じ…


c0174019_15463984.jpg


エビの形体って…不思議ですよね。

ほらっ。何だか似てるでしょ。笑。

c0174019_15541167.jpg




因みに…私の主人の家族内(私と息子だけが呼ぶ呼び名です。)だけでの愛称はダダ。

c0174019_155447100.jpg


このダダ星人からきています。笑。

ほらっ。何だか似てるでしょ。爆笑。(ダダ…ごめんなさい。ぺこっ。)




※『テヅルモヅルエビ』
その名の通り、テヅルモヅルと共生しています。
テヅルモヅルエビ属という新属であり、学名は、『Lipkemenes lanipes』


※『テヅルモヅル』(手蔓藻蔓)
棘皮(きょくひ)動物門クモヒトデ綱革蛇尾目テヅルモヅル科に属する海産動物の総称。
絡まり合ったつる草、あるいは海藻のような異様な外観の動物。
代表種オキノテヅルモヅルの学名(属名)Gorgonocephalusは、ギリシア神話にでてくる怪女ゴルゴンの頭を意味する。
ゴルゴンの頭髪はすべて生きたヘビからなり、その顔を見た者は石に化せられるというが、
この動物の生きて動く姿はその名にふさわしく、あたかも数百匹の小蛇が塊となってうごめいているような奇怪な感じを与える。

元来、クモヒトデの仲間であり、体の中央に丸い盤があって、5本の腕が伸び出るが、
腕が先のほうへいくにつれ何度も枝分れしているため、全体として無数のつるが絡み合ったような形となり、
またその1本1本がくねくねとヘビのような動き方をするため、見る者に異様な感じを与えることとなる。
(日本大百科全書(小学館)より抜粋)
[PR]

by paginate | 2012-07-24 16:04 | Sea-Chapter

【Kyonemichthys rumengani】・・・・・・・・・・Page189

c0174019_1614936.jpg


列記とした…魚類です。

ヨウジウオ科ヨウジウオ亜科Kyonemichthys属

『Kyonemichthys rumengani』

通称 ピグミーシードラゴンと呼ばれています。

近年、沖縄の海で頻繁に観察されているようですが…

25年以上この久米島の海でガイドを続けている『川本剛志』曰く

久米島で見れたのは、5年ぶりであり、二度目である様です。



c0174019_16153630.jpg



兎に角…

ちっさくて細いので、最初はゴミにしか見えません。

マニュアルフォーカスの私にとって

最強最悪の相手です。

真面目に撮っていても…ピンは来ません。笑。

常にフワフワと忙しなく漂っていますので、

来た~~っと思ってから、シャッター切っても…遅いのであります。

なので…めくらめっぽう打ち続けるのであります。笑。

何十枚かシャッター切って、一、二枚ピンが来てたら…儲けモンでしょうか???

こんなあやふやな気持ちでシャッターを切っていてていいのか???

大好きな写真を舐めてないか???

と、悩まないでもありませんが…

ロウガンズの仲間入りを見事に果たした…今。

贅沢や理想を言っている場合ではありません。



c0174019_16273580.jpg



今、久米島では…


【ピグミーシーホース】
c0174019_1629033.jpg



【コールマンピグミーシーホース】
c0174019_1634447.jpg





と言う感じに…

『ピグミー祭』が開催中です。

どうそ、早い時期にお帰りになって

見事…三冠を狙ってみられてみては如何でしょうか???

三冠達成されました暁には…

暁には…

暁には…

暁には…

別に何もありませんが、私達スタッフ一同心からの拍手をお送り致したいと。………040.gif
[PR]

by paginate | 2012-07-22 16:48 | Sea-Chapter

【観察日記《Harlequin filefish》】・・・・・・・・・・Page184


c0174019_16335442.jpg


今日の一本目のダイビングは…

この子…テングカワハギYgの観察を20分程して参りました。

その時のこの子の様子を観察日記と題しまして…ご報告です。

そんな報告いらん!!!っちゅうねん…と言わず、お付き合い下さい。

あっ。お魚の生態等本格的な細かな事は、あまり私には解りません。汗。

(↑あはっ。ガイドさせて頂いているのに…すごいカミングアウト。笑。)

小学生が夏休みに提出する…朝顔の観察日記程度のレベルですので…

そこのところ…夜露死苦!!!040.gif




【観察日記《Harlequin filefish》編】

c0174019_16412391.jpg


体の模様の意味がどうしても知りたくなるほどの見事なドット柄。

何故こんなに鮮やかな紋様を身に纏ってらっしゃるのでしょうか???

天敵に直ぐに見つかりそうな…緑色の体にオレンジ色のドット柄。

天敵に見つかる云々よりも、

さみしがり屋さんで、早く仲間に見つけてほしいから…と、言う事にしておきましょう!!!070.gif




c0174019_16291147.jpg


観察していく中…

お腹がパンパンに膨らんできました。

何かしら???と思っていたら…

c0174019_16305830.jpg


ぷにゅーっと、『うんち』がお腹から出てきました。

そう言えば、観察中ずっとサンゴのポリプを啄んでいらっしゃいます。

さぞかし、トイレの回数も多い事でしょう!!!

と、思って撮影をつづけていると…


c0174019_16332765.jpg


た・た・た・た・たべた。笑。

よっぽどお腹が空いてらっしゃる様です。

育ちざかりですものね。

私は…最近育ちすぎたので…炭水化物抜きダイエット中。

この子の様に、『うんち』は食べれませんが、

早く痩せて、モリモリお腹いっぱい炭水化物を食べたいです。070.gif




c0174019_16483582.jpg


既に立派な『歯』が生えていました。

明石家さんまもびっくりな出っ歯であります。

珊瑚のポリプを食べるのには、これくらい出っ張った方が食べやすいのでしょう。

理に敵った『明石家さんま』でした。

次回又逢ったら…『さんちゃん』と呼んであげたいと思います。070.gif




c0174019_16532910.jpg


『テングカワハギYg』と言えば、

ピコピコ出す背びれが愛らしくて可愛らしいのですが…

この『さんちゃん』は、20分の観察中、一度だけ。

しかも一瞬で終わりました。

オートフォーカスではなく、マニュアルで撮っている私には、

かなり過酷で困難極まりない条件です。涙。

で…このボケボケ証拠写真。

ここにUPするには可なりの勇気がいりました。汗。

背びれ、胸びれ、尾びれ全開のお写真を撮りたくて…粘ったのに…。

『もう少しがんばりましょう!!!』と、先生に評価を頂いたようです。

次回も観察を続け、

鰭という鰭全開のお写真を撮れるように頑張りたいと思います。

以上。私川本裕子の観察日記を終わります。

御静聴ありがとうございました。040.gif
[PR]

by paginate | 2012-06-26 17:05 | Sea-Chapter

【色を愛でる《Lyretail hogfish》】続報編・・・・・・・・・・Page183

c0174019_17164157.jpg


昨日UPさせて頂きました…【色を愛でる《Lyretail hogfish》】

『橙』の色を愛でさせて頂いた訳ですが…

今日は別バージョンの色合いのヒオドシベラを撮影して来ました。

と言いましても…

別に『ヒオドシベラ』自体の色合いが変わっていた訳ではなく、

自然光が降り注ぐ場所で撮影出来た…と、言うだけです。

水中カメラを始めて9年。

今まで、この子達を青抜きで撮れるシチュエーションに恵まれなかっただけの事なのですが…

本日。とっても撮りやすい棚上でカスミチョウチョウウオをクリーニングされているのを見つけました。


c0174019_1719658.jpg



c0174019_17193872.jpg



カメラがカスミチョウチョウウオの体色の白さに反応し、青かぶりしてしまいました。

ストロボをTTLにしていたので…手直し効かない色合いになってます。

只今…PCを見ながら、深~~~く後悔中です。

やっぱり、機械にまかせっきりにせず、一枚一枚丁寧に撮らなければ…ダメダメですね。

最近はTTLに頼り切っていたので、今更ながらフィルム時代の撮影方法を懐かしく想い出しました。

今日はとっても勉強になる有意義な一日でした。

『初心忘るべからず』ですね。

人間は…失敗を繰り返して上達する。

明日も今日のポイントに行けて、今日の様にクリーニングされていらしたら…

バッチリ撮ってみせましょう。…必ず…多分…出来るだけ…ちょっと無理かな???汗。笑。

(フィルム時代に行っていた、ストロボの調節が出来るか否か???神のみぞ知る。自爆。)


c0174019_17362010.jpg


『ヒオドシベラyg』は、自然光を浴び青抜きで撮ると…

『橙』ではなくなってしまう事が判明致しました。

どっちかと言うと…『檸檬』ですね。

自然の環境とカメラの設定とストロボの設定により…

撮れるモノの色合いは大きく変わってしまいます。

そこが…カメラの難しいところでもあり、面白いところでもあります。

さて…明日はどんな素敵な『色』を愛でる事が出来るでしょう???

一期一会の水中での出逢いに…胸が躍ります。


c0174019_1740915.jpg





『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2012-06-15 17:47 | Sea-Chapter

【色を愛でる《Lyretail hogfish》】・・・・・・・・・・Page182

c0174019_11153333.jpg



【色】

可視光線の組成の差によって質の差が認められる視覚である色覚、および、色覚を起こす刺激である色刺激を指す。

※ウィキペディア(フリー百科事典)『色』より抜粋   




【色】って…世の中に何色あるんだろう???

【色】って…その場所の環境によって、見え方が違ってくる。何故だろう???

【色】って…その時の自分の感覚によって、見え方が違ってくる。何故だろう???

【色】って…不思議だ!!!

色の捉え方は、十人十色。

色を言葉で伝えるって、とっても難しいですよね。

実際に見て、撮影してきた私が、魚の色を自分の言葉で表現してみようという企画です。

(↑何時もの、勝手にやっとけシリーズ第四弾です。興味の無い方はスルー願います。笑。)


c0174019_1012191.jpg



第四回目となりました今回は…

『ヒオドシベラyg』《Lyretail hogfish》 の色を愛でたいと想います。

このヒオドシベラの幼魚に関しましては…

『色を愛でる』と言うよりも、『紋様を興じる』と言ったほうが正しいのかも知れませんが、

色と共に紋様をも愛でることの出来る可愛い存在のお魚なのです。


c0174019_1062678.jpg



皆さん…
水中でヒオドシベラの成魚は見られた事はありますよね。
成魚は、身体上下に半分ずつ色合いの違った体色をしていて、その身体上半分の色が緋色(スカーレット)をしているため、
『緋縅(ひおどし)の鎧(よろい)をまとった魚』と名づけられたとか…。
それほど、成魚の色合いも素敵な色合いではあるのですが、
其れにも増して、幼魚の色合いは他の魚では有りえない紋様を色づけし、
まるでとろけるスィーツの様な色合いを形成しています。

『橙』
カタカナで『オレンジ』と簡単に言ってしまうには、何か違和感がある。
良く熟れたつやつやとした果物のダイダイの様な色。昔からある日本の色。
そう。『橙』
私がこの『ヒオドシベラyg』から感じる色合いは…『橙』です。
しかも一色の『橙』ではなく、濃いと薄いを散りばめ色合いのバリエーションを一匹の体色の中で表されています。
水玉の模様に至っても然り。橙の色の奥の深さが窺えます。

1~3cmまでの幼魚に至っては、身体のなかの骨等が透けて浮き上がり、体色の色合いとのハーモニーが溜まらなく愛らしさを表現されているのです。

又この子達は時々チョウチョウウオをクリーニングしている姿がよく見受けられます。
その時のチョウチョウウオの種類にもよりますが、
二匹が寄り添う姿の色組は…正に、フルーツパフェの様な甘くて美味しいスィーツのようです。

このスィーツを如何に綺麗に写真に収めるか…
撮り方によって、色の出方が変わります。
自分の想うような『橙』に撮れるまでには、まだまだ修行が私には必要の様です。


私のフィールド【久米島】で、私が実際にこの目で見た『橙』の中で、
一番の『橙』を身に纏った子が…Lyretail hogfishなのです。


c0174019_101288.jpg



久米島で潜って頂ける機会がありましたら、この『橙』をご自分の眼で見て、その素晴らしい色合いに、心奪われてみませんか???


c0174019_1082686.jpg


やはり…この子には【色】が必要なようです。



※【ひ‐おどし】【緋威・緋縅・火威】-日本国語大辞典
 〔名〕鎧(よろい)の威の一種。緋に染めた革や組糸を用いた威。また、その鎧。



※第一回…2008-10-29にUP・・・・・・・・・・【色を愛でる】Page11

※第二回…2011-11-17にUP・・・・・・・・・・【色を愛でる《Serranocirrhitus latus》】Page149

※第三回…2011-12-20にUP・・・・・・・・・・【色を愛でる《Laomenes ceratophtalmus》】Page153




『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2012-06-14 11:30 | Sea-Chapter

【Facebook】・・・・・・・・・・Page181

c0174019_160867.jpg


Facebookに参加している皆さん…。

皆さんのプロフィール写真は、正面顔ですか???横顔ですか???

ふと。お友達のプロフィール写真を見ていたら…

結構正面以外に、横顔だったり、斜め下や上からだったり。

案外正面顔より、横顔の方がその人の特徴を捉えているのかもしれないなぁ~なんて思いながら見てしまいました。

そして、正面顔よりちょっぴり綺麗に写ってたりなんかしたりして。笑。

水中写真の基本は「正面だ!!!」と、師匠(主人)に教わり、

まず一枚目は、正面の顔を抑えるようにしています。

が…水中の生物だって、正面顔より、横顔の方が雰囲気が出て、いい時もありますね。


c0174019_1665181.jpg



ねっ。何だか正面より哀愁漂って、つい抱きしめたくなりませんか???笑。



この子はどうでしょう???

c0174019_1640135.jpg


c0174019_1641887.jpg


あれっ。この子は正面も横顔も…ブサイク。笑。



私もFacebookのプロフイール写真を斜め下から撮った横顔に変えてみようかしら???

カエルアンコウモドキのように、どっちもどっちかしら???自爆。



今日のお写真『ピグミーシーホース』と『カエルアンコウモドキ』は、今日(2012/06/02)の午前中二本で撮ってきました。

モドキに至っては、一年ぶりのご対面です。

皆さん。今なら撮って頂けますよ。

「ポチッ」と右クリック…お待ちしております。笑。



c0174019_16213059.jpg


手の平の中で、ぐっと体を支えるモドキちゃんです。可愛いですよ。





※『Facebook』の始まりは…(Wikipediaより抜粋)

映画『ソーシャル・ネットワーク』の通り、

ハーバード大学の学生がハッキングし得た女子学生の身分証明写真をインターネット上に公開して、

その女子学生の顔を比べて勝ち抜き投票させるゲームを考案したのが事の始まりで、

後に、その学生(ザッカーバーグ)が、ハーバード大学の学生の交流を図るためのサービスを開始したのが『Facebook』

徐々に全米の学生に開放され、その後一般にも開放され、世界中の誰もが利用できるようになったようです。

本来は実名登録制であり、個人情報の登録も必要となっているようです。(身分証明写真含む)

と、いう事で…

私のFacebook友達の『プロフィール写真』を改めて見てみますと…

身分証明する写真のはずなんですが…

正面以外のお写真が多いこと多いこと。

横顔だったり…後姿だったり…お子さんの写真だったり。(笑)

ある人は…ネコだったり、犬だったり。汗。

自分以外の写真をプロフィールに使っている方は、全体的に見て日本人の方に多いみたいですね。

外国の方は、自分の正面顔が圧倒的に多いようです。



『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2012-06-02 16:27 | Sea-Chapter

【三代目襲名???】・・・・・・・・・・Page180

c0174019_13311941.jpg


2012GW。

沢山のゲストの皆様が、ここ久米島のエスティバンで過ごして下さいました。

昨年のGWは震災直後でもあり、キャンセルが相次ぎ、寂しいGWとなっておりましたが…

今年は、去年の分まで沢山の方々が来て頂けた様に思われます。

夫婦で同じ言葉もなんなんですが…

(↑『会長が行く』の 「ありがとうございました!!」をご覧ください。)
 
「たくさんのお客様に支えられて当ダイブ・エスティバンがあるんだなぁ!!」っと痛感し、感慨深い日々を過させて頂きました。

感謝の気持ちで一杯です。

20周年を迎え、新たな一歩を踏み出した【DIVE ESTIVANT】を、どうぞこれからも宜しくお願い致します。




さて、

話はゴロッと変りますが…

わたくし事で恐縮ですが、

この度『三代目かぶり仙人』を襲名致しました。

このGWに、私の新たな能力が発見されました。

(何時もの“勝手に言っとけ!!!”です。大人の優しい気持ちでお読みくださいね。笑。)

被りモノをこの手で触らずとも、『ホヤの形・色合い・立ち振る舞い(笑)・周りを取り巻くホヤの状態等々』だけで、

“ユキンコボウシガニ(通称名)”を見つけられます。

しかも。高確率です。

エスティバンスタッフ歴代の『かぶり仙人』様達が、揃っておっしゃっていた言葉が、

今の私なら、理解が出来ます。

数m離れた所からでも、『奴』が居るか否かが、面白いほどに解ってしまうのであります。

今まで必死で探していた私は何だったのでありましょうか???

まっ。過去の経験が、私を仙人にさせたのでありましょう。

(ぷっ。自分で書いててあほらしくなってきた。自爆。)

皆様。“ユキンコボウシガニ”を見たければ、どうぞ『川本裕子』をご指名下さい。

(↑指名料は今のところ…無料です。今のところですがっ。笑。)

ただ…

とあるポイントの、とある方角の根の付近のみしか、この才能は今のところ試しておりません。

このことをよ~くご理解して頂いて、ご指名ください。爆笑。

このポイントの、この根の付近なら…誰(素人でも)でも見つけられる…と、いう話もチラホラ聞こえてまいりますが、

気にされませんように!!!自爆。


c0174019_142594.jpg



c0174019_1432329.jpg



c0174019_1433927.jpg



【歴代仙人様のブログご紹介】

●一代目かぶり仙人
【砂浜のアイドル~♪】

●二代目かぶり仙人
【二代目襲名!!】

【帰ってきた「二代目」】




『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2012-05-11 14:13 | Sea-Chapter

【春が来てるよ。】・・・・・・・・・・Page177


c0174019_14215378.jpg


2012WW-shipで、ざとやんに夢中になっていた間に…

すっかり埃を被ってしまっているマクロ専用のハウジングが、目の前にあります…。

ほったらかして…早2ヶ月。

そろそろマクロの季節だな~っとか想っていたら

ESTIVANTのHPの中のスタッフブログ『Vegetable Field』に、

そんな私の心を擽る内容のブログ…「春に向けて」を見せられ、

矢も盾もたまらなくなって、海に飛び込みたくなる衝動を抑えています。

明日は飛び込もうかな~~~って、仕事せんかい!!!ですね。笑。


c0174019_14282524.jpg



皆さん。そろそろ幼魚の季節がやって参ります。

今マクロを撮らなくて、何時撮るんだ!!!って感じになって参りますよ~っ。


c0174019_14304167.jpg



c0174019_1431272.jpg



c0174019_14311886.jpg


季節は直ぐに移ろってしまいます。2012の球美の春の海をご一緒にしませんか???




『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2012-03-17 14:37 | Sea-Chapter