カテゴリ:Island-Chapter( 16 )

【観察日記《Cryptotympana facialis》】・・・・・・・・・・Page187

c0174019_11513273.jpg


本日の観察日記は…陸編です。

23日(土)沖縄気象台は

「沖縄地方は梅雨明けしたと見られる」と発表しました。

正に、その日の朝のほんの僅かな時間での観察日記です。


c0174019_11553611.jpg



別カットで見て頂くと解るように…

我が家の庭先の塀で、その『脱皮』は始まったのであります。

ダイビングの朝のゲストピックアップまでの僅か20分の戦いでした。笑。

夫婦二人でへん張りついてのカメラ小僧顔負けの撮影会が始まったのであります。




この子…クマゼミ(熊蝉)

黒っぽい体に透明の翅を持つ日本最大のセミ。

ここ久米島では、夏一番最初に鳴き声を聞くセミです。

その時のこの子の様子を観察日記と題しまして…ご報告させて頂きます。

そんな報告いらん!!!っちゅうねん…と言わず、お付き合い下さい。

あっ。昆虫の事など全く知りません。

よって、生態等本格的な細かな事は、私には全く解りません。汗。

小学生が夏休みに提出する…朝顔の観察日記程度のレベル以下ですので…

そこんとこ…夜露死苦!!!040.gif




c0174019_11594965.jpg


その日の朝。何時もと同じようにお花に水やりを開始した私。

ど~も何時もと何かが違う。

何かの視線を感じて仕方ない。

見られてる感満載!!!

私にもストーカーが付いたかしら♪(←なんで♪マークなんでしょ。自爆)なぁ~んて浮かれ気味で、鼻歌交じりにお花に水やり。自爆。

と…塀の角から、私をガン見している…生物。

ぎゃ~っ。セミかいなっ!!!しかも脱皮しながらのガン見。笑。

人間じゃなく、セミだった事に少し愕然とはしたものの…

こりゃ楽しそう!!!と、いう事で早速主人を巻き込んで撮影会の開始です。笑。


c0174019_1230070.jpg


最初はもっと殻と一体化していたのですが、

生命の神秘に見入ってしまって、撮影を開始したのは脱皮寸前でした。


c0174019_1230183.jpg


「ポロンッ」と音が聞こえるように、見事に殻からの脱皮成功です。

一皮剥けた感じで(実際に一皮剥けてますがっ。笑。)瑞々しい感じがしませんか???

「さっぱりした~」とでも、おっしゃっているような顔つきです。


c0174019_12304087.jpg


殻の中はやっぱり窮屈だったのか…

お尻部分を反らして、背伸びをされている感じでした。


c0174019_12435945.jpg


一旦殻から脱皮してしまえば、そこからの身体の変化は思いのほかスピードアップされます。

脱皮仕立は体自体が柔らかそうで、到底本来のクマゼミらしくは無い為、

早く飛び立てる体に変身しないと、外敵に遣られてしまうのでしょう。

ビデオを早回ししてみている様な感覚でした。


c0174019_12495964.jpg


丸まって収納されていた羽が、見る見る伸びて…

c0174019_1250071.jpg


本来の大人のクマゼミの形へと近づいていきます。


c0174019_1250327.jpg


自然の法則のルールには刃向えません。ゆっくりなんてしてられないんです。急げ!!!急げ!!!


c0174019_12575717.jpg


羽が伸びきった後は、体色が変化し、本来の茶色の色に変身するのだと思いますが…

残念ながら、ここでタイムアップです。

ダイビングのゲストのピックアップを遅らせる訳にもいかず…

渋々、この場を離れたのであります。

出来る事なら、飛び立つまでカメラ小僧したかった…。




お粗末様でした。小学生の朝顔の観察日記の方がよっぽど素晴らしいですね。自覚しております。040.gif




おまけ…

生まれたて…って、素敵な色合いですね。

宝石のように輝いていました。


c0174019_1314551.jpg



c0174019_1321520.jpg



私も…生まれたてに戻りたい…。自爆。




おまけのおまけ。笑。

c0174019_953458.jpg


ビッグブルーツアーで来てくれていた幸ちゃんが、その時の私達を撮ってくれていました。

ねっ。カメラ小僧も真っ青でしょ。笑。
[PR]

by paginate | 2012-07-12 13:09 | Island-Chapter

【JASDF】・・・・・・・・・・Page111


『JASDF』
Japan Air Self-Defense Force=航空自衛隊

本日11月11日…ポッキーの日。汗

エスティバンの常連ゲストでもある、航空自衛隊員の方に、スペシャルプレゼントを頂きました。

そうです。予てより搭乗してみたかった、自衛隊ヘリコプターに乗せて頂いたのであります。

私自身は基地に行くのも初めてで、久しぶりのわくわくどきどきタイムでありました。

(この歳にもなりますと…なかなかわくわくどきどきしなくなってしまっています。恐ろしや“歳月”。笑。)

まずは、一杯撮影した写真の中から、数枚チョイスしてみました。


c0174019_2225092.jpg

今回乗せて頂いた「CH-47J 輸送ヘリコプター」
思っていた以上に、中は広々としています。余裕で30~40名は搭乗できそうです。


c0174019_223582.jpg

先ずは、ヘリをバックに記念撮影。「撮って、撮ってって…煩いのよ。この方。笑。」


c0174019_2232047.jpg

搭乗しヘッドホンをして、シートベルトを装着すれば、すぐに上空にそのまま垂直に高度をあげます。
そして、ハテノ浜の先端目指して、結構なスピードで移動していきます。
興奮状態が続いていた為、知らない間に中ノ浜まで来ていました。


c0174019_2233336.jpg

ハテノ浜の先端部分のリーフの外側です。
なかなかここまで来て、上空から眺める事は皆無です。
ここにきて、興奮度MAXで、シャッター押しまくりです。笑。


c0174019_22173768.jpg

ハテノ浜をUターンしたら、トンバラ付近を通り、
島尻を横目に儀間港を通り抜け、基地の方へと帰っていくルートです。
トンバラのもっと近くを通ってほしかったのですが…想う様には…いきませんね。
高度が500~1000mなので、なかなか絵にはなりませんが、とりあえず「トンバラ」ゲットです。汗。


c0174019_224166.jpg

ヘリの中は…こんな感じです。ねっ。広々しているでしょ。窓がちっさくて、チョッと撮影し難かったです。


c0174019_2242017.jpg

で…着陸態勢に入って、ふっと前を眺めたら…
“したり顔”のこの方。
どうやら素敵なお写真が撮れたようですよ。良かったねぇぇぇぇぇぇ。



と、いう感じで、素敵な一日を過ごして参りました。

今回誘っていただいた自衛官の中田氏に、この場を借りまして御礼もうしあげます。

「又今度、一緒に飲もうね。ありがとう040.gif



『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2010-11-11 22:43 | Island-Chapter

【秋の気配】・・・・・・・・・・Page108


c0174019_171558.jpg


ここ…

沖縄の久米島でも、ようやく秋の気配を感じられるようになってきました。

皆さんは季節の変わり目をどこでキャッチされますか???

風…

温度…

日差し…

衣服…

色々条件はあると想いますが

島に移り住んで以来、

私が季節の変わり目を逸早く感じるのは…

“Flower”なのです。

ちょっと形が彼岸花に似た感じの黄色いお花。

(名前は知りません。何方かご存知でしたら教えて下さい。ごめんなさい。)

夏の終わりからボチボチと実を付け出し

秋に一斉に咲き乱れます。

(今正に…空港の近くの道沿いに群生しています。)

春・夏・秋・冬

道端を歩いているだけで、季節を感じ得る事が出来る。

自然って…偉大だよ。

島って…素敵だよ。


c0174019_1785241.jpg


海でも…

“Flower”に負けない位、お魚達が素敵な発色をして、移り変わる季節を生きています。

その色合いが恋しくて恋しくて、仕方のない私です。


『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2010-10-10 17:14 | Island-Chapter

【The rainy season is over.】・・・・・・・・・・Page101


(↑「梅雨入り」も調べた事ですし、この際「梅雨明け」も電子辞書で調べてみました。

やっぱり平凡でした。爆。)


c0174019_1857265.jpg



本日(19日)11:00

沖縄気象台は「沖縄地方は、梅雨明けしたと見られる」と発表しました。

昨年に比べ17日、平年に比べ4日早い発表となりました。

今年の沖縄の梅雨は、内地の梅雨の様子に似て、

朝から夜までしとしとと降り続く日が続き、

ジメジメとした日が多かった様に感じます。

なので、梅雨明けした…本日。

何時も以上に、空の青さ。雲の白さ。風の爽やかさが身に沁みいります。



2010-05-07にUPしました【The rainy season has set in.】Page96

あだん (阿檀) の実・トンバラの佇まい…

今日の写真と見比べてみて下さい。

空の模様の鮮明さ…

雲の純白さ…

空気の透明さ…

海の碧さ…

草花の青々しさ…

全てが“夏色”に変わりました。



沖縄では…

梅雨が明けると、夏至南風(かーちーばぃ)が吹き込みます。

今日。この南風を頬に受けとめ、

夏の到来を身体全身で感じています。

そう。2010年の夏がやってきました。



c0174019_1859699.jpg




サァサ サァサ 舞い遊ばな

サァサ サァサ 世ばなうれ


(『夏至南風』 SAKISHIMA meeting 新良幸人×下地勇)

思わず口ずさんでしまいました。

【MUSICO】SAKISHIMA meeting 新良幸人×下地勇「SAKISHIMA meeting」の試聴はこちら
http://musico.jp/contents/player.aspx?tid=r8ZFF4&rid=&afl=external


雨露に潤んだ球美の島も、大好きな私ですが…

夏の日差しに照らされ火照った球美の島や海が…大・大・大好きな私です。

結局は、

一年中…球美の海の全てが大好きな私なのでした。



※ゲストの皆さんへ
梅雨が明けました。
内地のジメジメとした梅雨空を避けて、
夏の球美の海に癒されに…
そして私の笑い声を聞きに…
遊びに来てしまいませんか???

今なら、
サムライブルーに身を包んだ私…が、お待ちしております。(嘘やでぇぇぇ。笑)



『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2010-06-19 19:02 | Island-Chapter

【The rainy season has set in.】・・・・・・・・・・Page96


(↑「梅雨入り」を電子辞書で調べてみました。案外平凡でした。爆。)


c0174019_10573716.jpg



昨日(6日)15:00
沖縄気象台は「沖縄地方は、梅雨入りしたと見られる」と発表しました。
昨年の梅雨入りは、とっても遅く5月18日ごろだったので、
何だか、今年は早いような気が致しますが、
沖縄地方の平年梅雨入りは、5月8日ごろという事なので、
平年並みというところでしょうか???
だいたい6月中旬過ぎに明けてくれるはずです。


c0174019_11123075.jpg



そうすれば
待ちに待った…2010SUMMERのSTARTです。


その頃には
あだん (阿檀) の実も蒼空をバックにオレンジ色に色づき…
黒潮の入り込んだトンバラ周辺では、トンバラブルーに包まれ…
我が家の窓から覗く、ESTIVANT's Gardenも様々な色の草花に彩られる事でしょう。


c0174019_1113174.jpg



でも…
雨の日の球美の海の風景を眺めるのも…大好きなわたしなのでした。
自然の齎す恵みに感謝ですね。


※ゲストの皆さんへ…
ここ沖縄では、梅雨に入ったからと言って、
本島のようにジメジメと雨が降り続くという事は、あまりありません。
ある時間帯にサッと降ったら、カラッと晴れる事も多々あります。
ゲストの少ないこの6月末までの、この梅雨の期間が、案外お勧めかもしれません。
私の大好きな黒潮の入りかける“トンバラブルー”の色の変化を楽しめるのも…
この時期ならではの楽しみです。
(私は一年で、この時期のトンバラが…No.1…大大大好きなのです。笑。)
騙されたと思って…いらしてみませんか???
あっ。自然相手なので、ほんとに騙されても…笑って許して下さいね。037.gif


※完全にわたくし事で、どうでもいい話なのですが…
たばこを止めて…2ヶ月経ちました。
身体がどんどん成長しております。汗。
今年も忙しい夏を過ごして、
去年以上に腹筋を深く割らねば…そろそろほんとにヤバイです。頑張ります。011.gif


『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。

今日も二回も更新致しました。皆さん覗いて下さいね。040.gif
[PR]

by paginate | 2010-05-07 11:28 | Island-Chapter

【小夏日和】・・・・・・・・・・Page68



c0174019_1491588.jpg



2009/11/27
26℃/23℃(最高/最低)
東の風 やや弱く

秋から冬にかけての時期に、まるで春のようにポカポカ暖かい日のことを

“小春日和”といいますが、

ここ琉球では“小夏日和”というそうです。

確かに、今日の球美の島は、

「春」というよりも、「夏」のように太陽光が燦々と降り注ぎ、汗ばむほどの陽気です。

水面の緩やかに揺れる波に陽が差して、

視界全面が「夏」そのもの。

こんな時…

こんな素敵な時間を、この球美の島で過ごせる事の幸せに、

感謝せずにはいられない…私なのでした。



“琉球”ってなんだか不思議な風を感じますよ。



こはるびより【小春日和】ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋
晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時などの、穏やかで暖かい天候のことである。
小春(こはる)とは陰暦10月のこと。現在の太陽暦では11月頃に相当し、
この頃の陽気が春に似ているため、こう呼ばれるようになった。
よって、俳句においては「小春日和」・「小春」は冬の季語となる。



『Page68 Photo : Indian Summer』
10月の初旬に種を蒔いた向日葵が、つぼみを膨らませてくれています。
半月後くらいには…満開に咲いてくれるのでしょうか???
12月に満開の向日葵。
素敵過ぎると想いませんか???

※「てぃーだ」とは、沖縄の方言で「太陽」の事です。
[PR]

by paginate | 2009-11-27 11:28 | Island-Chapter

【スポットライト】・・・・・・・・・・Page59


c0174019_1842368.jpg



自分自身で「元気がないな」と思う時

皆さんは、何処から元気を貰いますか???

私は…

“球美の海”って言うと思った方…不正解です。

毎日の様に潜っている球美の海。

確かに、日々潜れているからこそ、元気な私なのですが、

趣味ではなく、仕事としての責任を背負った今。

元気を貰うというよりも、元気だからこそ楽しめる空間となっています。


では、何処から元気を貰うのか???


読書であったり、ペットとの癒しの時間であったり、家族との団欒であったり、友との楽しい宴だったり、

色々元気の元は沢山あるのですが、

最近は…

人が一生懸命頑張っている姿から、元気を貰う事が多いようです。

その姿は、スポットライトを浴びたように輝き、眩しいほどに美しい。

その姿を見て、

「よし。私も頑張る。頑張れる。」と、力が沸き立ってくるのです。


まだまだ私も頑張れる様です。笑。


皆さんは、何処から元気を貰いますか???


c0174019_18505329.jpg




『Page59 Photo : Brightness』
先日久米島全島エイサーが行われました。
ESTIVANT's STAFFの福ちゃん(井上福太郎さん)も参加。
キラキラ輝く姿から、一杯一杯元気を頂きました。
ありがとう。福ちゃん。

よぉぉ~し。私も来年踊るぞぉ。(そっちかよぉ。汗)

海の世界でもスポットライトを当てると、素敵な姿を見せてくれて、元気をくれる子が沢山います。
素敵でしょ。このハナゴイ。
実物は、もっと素敵に輝いているんですよ。
[PR]

by paginate | 2009-09-13 18:52 | Island-Chapter

【宇宙の神秘】・・・・・・・・・・Page57



c0174019_18432473.jpg



AM11:06

本日一本目の“ウーマガイ”をエキジット直後の光景です。

残念ながら、日食部分は撮影出来ていません。

(フィルターを持ってくるのを…忘れてしまいました。汗。)

太陽燦々の中、エントリーしたのに…

夕方日暮れ前にエキジットした様な。

ゲストの皆さんと、暫しの間、宇宙の神秘を実体感した…不思議な時間でした。

次回の26年後も体感出来ますでしょうか・・・・・・。

その時の自分の年齢を、計算するだけでも恐ろしいので…きっぱり諦めたいと思っております。笑。


皆さん…宇宙の神秘をじっくり体感されましたか???
[PR]

by paginate | 2009-07-22 19:02 | Island-Chapter

【陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり】・・・・・・・・・・Page54



c0174019_1354169.jpg



未だ、梅雨明け宣言が出ない…沖縄地方

待ちきれません。

で…私が宣言しちゃいます。

「梅雨が明けましたぁぁぁぁぁ。笑」

確かに…昨日までとは、空の色が変わりました。

夏の空の色に包まれて、身体全体で夏を感じています。

こんな日は、球美の碧い海に包まれて、幸せに浸りたい気分ですね。

今日は夏至。日の長さを思う存分堪能しちゃいます。



『Page54 Photo : 来た~』
たった今、撮影してきた球美の海と空と島です。
ねっ。夏がやって来てるでしょ。
[PR]

by paginate | 2009-06-21 14:02 | Island-Chapter

【海神祭】・・・・・・・・・・Page51




c0174019_1947749.jpg


そのバケツの中の海水が、まるで聖水かの如く
其処彼処の人々に、洗礼を行うかの様に掛け捲る…おばぁ。
このおばぁの近くには、カメラを構えて近寄れません。

その聖水(海水)に、毎日浸れる悦びに…感謝する。



c0174019_1947371.jpg


カメラを向けると
カメラ目線で、ポーズを決めてくれる…おばぁ。
毎年、毎年…この祭りを楽しみにしているんだろうなぁ。

地域の人々に迎えられる歓びに…感謝する。



c0174019_1948741.jpg


ハーリーで勝利した後の屈託のない笑顔を見せてくれる…にぃに。
自然に零れる笑顔って、こんなに素敵なんですね。

素敵な笑顔から幸せを頂ける喜びに…感謝する。



海の神様に…心から感謝する一日なのでした。




『海神祭』
旧暦五月四日(ユッカヌヒー)は、各地の漁港で「爬龍船(ハーリー)競漕」が行われます。
沖縄のハーリーは、今から約600年前の琉球王朝時代に、中国から伝来したというのが定説。
五穀豊穣、無病息災、航海安全を祈願する琉球王府の大々的なイベントです。

爬竜舟は“「竜」を描いた舟を「爪」でかき走らす”という意味だそうです。
竜の爪にあたるのは、サバニを漕ぐ櫂(沖縄ではエークという)。
皆が力を合わせ、エークで海水をかき、波と風にのり、颯爽と走るサバニの姿は、正に竜のようです。
[PR]

by paginate | 2009-05-27 19:50 | Island-Chapter