<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【想いが叶う海】・・・・・・・・・・Page20



c0174019_18314650.jpg



視界全面に拡がる蒼一色の静寂な世界
見渡す限り 海そのものだけの空間
聴こえてくるのは、自分の息遣いだけ

そんな寂寞とした空間が
とても静かに、そして刹那に
遷り変わる

彼はまるで、
私たち人間とは全く違った時空を行くように
静かに現れ、そして静かに視界の限界へ消えて行く

束の間の筈なのに
何時間も夢をみていた様な時の経過の緩やかさ

その緩やかさに包まれ
時空の超越を、確かにこの体全身で感受した

想いが叶った。

今日、この球美の海で。




『Page20 Photo : Heart』
とってもビックなプレゼントを頂きました。
ダイビング中でのザトウクジラとの遭遇です。

想って想って想って…今日、叶いました。
球美の海に益々首っ丈です。

今…「ここにいる幸せ」を噛み締めています。

私もしっかりシャッター切りました。(たぶんねっ。汗)
が…ニコノスなので、ポジが上がってくるまで我慢です。
今日の写真は…Photo by Tsuyoshi Kawamoto。
(私のポジが上がってくるまでの間…お借り致します。撮れていなければ…ずっとお借りします。笑。)
[PR]

by paginate | 2008-12-28 18:49 | Whale-Chapter

【Happy Xmas】・・・・・・・・・・Page19



新約聖書には、イエスの誕生日に関する記述はないが、
10月1日か10月2日が誕生の日と推測する説もある。
1993年9月15日に、イギリスの天文学者D・ヒューズが聖書中の天文現象の記述から、
イエスの誕生日は紀元前7年9月15日とする説を発表した。
様々な説が氾濫している中、確定しているのは12月ではない事ぐらいである。

西暦1年は、キリストの生まれた年と決められており、紀元前を表すB.C.は「Before Christ」すなわち「キリスト前」という意味。
しかし実際には、キリストが生まれた年は紀元前8年から紀元6年ごろまで諸説ある。

キリスト教はローマ帝国の国教として定められ、当時ローマ帝国の支配にあったヨーロッパ全域に広がっている。
しかし、当初はローマ帝国はキリスト教を迫害したため、キリスト教徒はローマから離れた地方に逃げており、
スペインにはローマ帝国において変化する前の古いキリスト教が起源と思われる習慣も残っている。
元々ローマのサトゥルヌス祭がこの時期だったのでクリスマスもこの時期になった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋させて頂きました。)







遥か昔々…
こんな私にも幼稚園に通っていた幼児時代が確かに(笑)ありました。
その名も……『聖マリア幼稚園』
名の如く、キリスト系の幼稚園です。
朝はマリア像に十字を切る事から始まり、下校時にも勿論十字を切り幼稚園を後にする。
幼稚園の敷地には立派な教会があり、週に何度となくミサを受けておりました。
(我が家が無宗教なのに、何故に???と、思わなくもありませんが、家のまん前にこの幼稚園あったから…と言う単純なお話です。笑。)


毎年クリスマスが近づくと、園児全員でキリストの誕生劇の練習が始まります。
年少時は確か…羊でした。涙。
年長時は大役を見事に勝取り…マリア様を演じた…と、記憶しています。
(この頃から、負けず嫌いの性格はしっかりと持ち合わせていた様です。汗。)
そして、クリスマスイブの日に父兄や親戚縁者の前で、練習の成果を
まるで自分が主役になったかの如く、子憎たらしく披露したのを…恥ずかしながら想い出してしまいました。自爆です。


当時は、キリストがクリスマスに誕生したという事に疑いの欠片もなく、
純粋な乙女はマリアになり切っていたのであります。
(かわいいじゃありませんかっ。ぐふふふふふふふふふっ。うぐぐっ。)


あの澄み切った純粋な心を持った少女は…何処にいってしまったのでしょう。(ここに、おるでぇ。笑)


一年の行事の中で、私が一番大好きな日…クリスマスイブがもうすぐ訪れます。
子供の頃から、誕生日よりも、お正月りも、夏休みよりも…一番大好きな日…イブ。


今年はどんな24日が過ごせるのでしょう…。
歳を重ねてしまった今でさえ…楽しみで、胸の鼓動が収まりません。
(○志さん…頑張れよぉぉぉ。辛いのぉ~~~っ。爆笑)


皆さん…どんなイブを過ごす予定ですか???


素敵なイブでありますように…。



『Page19 Song : Happy X'mas』
今回は写真はありません。
12/20にESTIVANTのクリスマスパーティーがありますので、
愉しい写真が撮れれば、後日UPしたいと思っていますので、乞うご期待!!!
純○サンタさんや剛○サンタさん、そして福○○トナカイさんが写っているかもしれませんよ。笑。

で…今回は久しぶりのYou Tubeです。
世界の様々な出来事を思いながら、そして平和を願いながら、クリスマスイブを過ごすのもいいのかもしれませんね。
世界の人々全員にその日は訪れるのだから…。


John Lennon・・・「Happy Xmas(War Is Over)」
イギリスで1972年に発売。アメリカではベトナム戦争の関係で発売が一年遅れたそうです。
戦争の最中に「戦争が終わった」と、歌ってしまうのが、Joho Lenonの凄いところですね。
[PR]

by paginate | 2008-12-14 17:14 | Feeling-Chapter

【思い出の逸品】・・・・・・・・・・Page18



c0174019_18454613.jpg



カメラ:NIKON F100
レンズ:AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8
     AF NIKKOR 20mm 1:2.8
ハウジング:anthis Nexus F100
ポート: マクロポート
     ワイドポート(ガラス)
ストロボ:INON Z-220 二灯
ストロボシンクロコード(電気コード)
マクロ・ワイド共マニュアル操作用フォーカスギア&絞りギア付きです。

おまけに…雨避けレンズカバー(Nikonプロ仕様)を付けちゃいます。
(雨の日の撮影や、船上での撮影に役立ちます。)


実は来年にでも、Yahooでオークションに掛けようと思っていたのですが
全く知らない人の手に渡るより、このPaginateを見て頂いている方に使って頂けると嬉しいなぁ。
と思って、オークションに出す前に、今回ダメ元でUPしてみました。040.gif


デジタル時代なので、なかなか銀塩に今更手を出そうかと思う方も少ないと思いますが、
銀塩には、銀塩の愉しさが一杯あります。
今現在、カメラの基礎が少しですが理解出来るのは、このF100でデーター取り等を重ね、勉強した成果だと思っています。
約四年程の間、私が大切に大切に使ってきて、愉しませて頂いたカメラ一式です。
Nikonユーザーの方なら、レンズだけでもデジタルに使えますが
今回はこの一揃え一式を引き取って、可愛がって頂ける方にお譲りしたいなぁ。と思います。


心苦しいのですが…一応 値段をつけさせて頂きます。
『十万円』で、如何でしょう???
(安いかな???とも思っちゃいますが…切がいい数字なので…如何でしょう???笑)


水没は一切ありません。メンテナンスも二年前に受けています。
大切に大切に綺麗に使ってきました。今直ぐにでも使って頂けます。


後…おまけに付けたレンズカバー
Nikonのプロ登録をした人にだけ買える、ブラックレインカバー…幻のカバーです。(ほんまかいなっ。笑)
クジラ船では、このカバーにお世話になりました。かなりの優れモンです。(これはほんと。)


もし、おおおおっ。と思われた方がいらっしゃいましたら


yuko803@aol.com
までご連絡下さい。お待ちしておりま~す。
(ご質問等…何でもお気軽にメールして下さい。)

今回のUPは…なんかセールスになってしまいました。ごめんなさい。



『Page18 Photo : 愛おしきモノ達』
はぁぁ~っ。ほんとに素晴らしい思い出を頂きました。
ほんと、愉しい水中時間を過ごさせて頂きました。
カメラの基礎を教えてもらいました。
大切に使って頂ける方が見つかると嬉しいなぁ。
[PR]

by paginate | 2008-12-10 18:27 | Information-Chapter

【貴方は誰かを笑顔にしていますか?】・・・・・・・・・・Page17


普段テレビを見ない私ですが、今夜久々にテレビの電源を入れた瞬間に、画面に映り出されたテロップの言葉です。


【貴方は誰かを笑顔にしていますか?】


お父さんを膵臓癌で亡くした娘さんが、
旅行が好きだった父の代わりにテディベアに世界旅行をしてもらって、
テディベアの目を通して亡き父に世界旅行を楽しんでもらおうとお母さんと考えたプランでした。
このテディベアは見ず知らずの人々の善意で、次々と見知らぬ国を旅行をして行くのですが、
ただ旅行するだけに留まらず、関わる人々皆を幸せにし、
笑顔にしていくという実際に今現在も進行中のお話でした。

このお話を通し…
ふと我に置き換えて考えてみました。


【私は誰かを笑顔に出来ているのかな?】


で、素直に聞いてみました。笑。

結果は…

私が居るだけで幸せに感じて笑顔になってくれる人が居てくれる。
もうこれだけで、他に何も必要無しですよね。
(ちょっと照れちゃいますが。汗。笑。)

人間日々の何気ない生活の中で、知らず知らず贅沢になってしまい、
欲望等に走りがちになってしまいますが、
根本は人との関わりが一番大切なんだな。
と、改めて思い気付かされ、心が洗われた一夜でした。


【貴方は誰かを笑顔にしていますか?】


c0174019_113827.jpg




『Page17 Photo : Smiling』
うちのスタッフ(井上福太郎さん。福ちゃん。)が、久米島マラソンでゴールした瞬間の笑顔です。
ねっ。思わず笑顔になっちゃうでしょ。素敵でしょ。
福ちゃんとゴールタッチをしている少年は…うちの息子。楓太ですぅ。(*^_^*)
[PR]

by paginate | 2008-12-01 10:06 | Feeling-Chapter