<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【小夏日和】・・・・・・・・・・Page68



c0174019_1491588.jpg



2009/11/27
26℃/23℃(最高/最低)
東の風 やや弱く

秋から冬にかけての時期に、まるで春のようにポカポカ暖かい日のことを

“小春日和”といいますが、

ここ琉球では“小夏日和”というそうです。

確かに、今日の球美の島は、

「春」というよりも、「夏」のように太陽光が燦々と降り注ぎ、汗ばむほどの陽気です。

水面の緩やかに揺れる波に陽が差して、

視界全面が「夏」そのもの。

こんな時…

こんな素敵な時間を、この球美の島で過ごせる事の幸せに、

感謝せずにはいられない…私なのでした。



“琉球”ってなんだか不思議な風を感じますよ。



こはるびより【小春日和】ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋
晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時などの、穏やかで暖かい天候のことである。
小春(こはる)とは陰暦10月のこと。現在の太陽暦では11月頃に相当し、
この頃の陽気が春に似ているため、こう呼ばれるようになった。
よって、俳句においては「小春日和」・「小春」は冬の季語となる。



『Page68 Photo : Indian Summer』
10月の初旬に種を蒔いた向日葵が、つぼみを膨らませてくれています。
半月後くらいには…満開に咲いてくれるのでしょうか???
12月に満開の向日葵。
素敵過ぎると想いませんか???

※「てぃーだ」とは、沖縄の方言で「太陽」の事です。
[PR]

by paginate | 2009-11-27 11:28 | Island-Chapter

【Paginate Calender 2010 Part2】・・・・・・・・・・Page67


c0174019_1158256.jpg


Page63でUPさせて頂いていましたCalenderが、出来上がりました。

このカレンダー

某メーカーのネット注文の品であり、自分の撮った画像をアップロードして注文。

ここで問題になってくるのが、

どの程度のデーターで、どれくらいの色合いで上がってくるのか。

まず、手探り状態の中、一部だけを注文。

(この一部は、かなり色合いが深く濃く、実際とは可也掛け離れた色合いで上がってきました。)

そして、それを土台にし、

これくらいに補正しておけば、実際の画像(ポジ及びデジタルデーター)に近い感じで上がってくるはず。

と、パートナーにも色々協力してもらい、補正完了。

「よし。これでいく!!!」と決めたのです。

50部発注するからには、かなり真剣に取り組みました。

しかも…へそくり。笑。

で…配達されてきたのがこちらです。


c0174019_12181234.jpg



このメーカーのこの商品の特徴は…

「光沢印画紙に銀塩出力しているため、写真が鮮やかで色あせない」

私自身、この売り文句に「コロッ」といっちゃった一人。

確かに鮮やかで鮮明です。

ただ、自動補正がどの程度掛けられてしまうのかが、不明です。

特に水中撮影されたものに関しては、色相(ブルー系)が難解です。

改めて、プリント注文の難しさを痛感しています。

今回上がってきた50部も、思っていたものより深い色合いになってしまいました。

特に7月(ギンガメアジ)と10月(カンザシヤドカリ)の分に関しては、かなりショック。

来年は、これを参考にして、もっといいものをプレゼントさせて頂ける様…頑張ります。

今回、応募を締め切って以降、「もう応募が終わってて残念です」と、嬉しいお言葉を沢山頂きました。

来年は、調子ぶっこいて(笑)もう少しプレゼントの部数を増やしてみようかな???と、考えています。

そうさせて頂けるよう…頑張ってへそくります。(そっちかよ。笑。)



…と、長々と言い訳でした。笑。

ご応募下さった皆様・応募もしていないのに勝手に送り付けられてきた皆様(爆笑)…

こんなんに仕上がりました。

お部屋の片隅にでも飾って頂けたら…めっちゃ幸せです。040.gif
[PR]

by paginate | 2009-11-25 12:38 | Information-Chapter

【98Days】・・・・・・・・・・Page66



自分の眼と…

自分の身体と…

自分の心で…


『ザトウクジラ』を実際に……眼と身体と心で感じてみませんか???


一般のクジラ船開始まで…あと98日


c0174019_20425855.jpg



言葉では…
あの感動を全て語りきれない、伝えきれない。
語ろうとすれば、感情が高まりすぎて、うまく表現しきりない。
伝えようとすれば、あの素晴らしさを伝えきれる言葉が見つからない。
だから…
沢山の方に、実際に自分自身で体験してほしい。
そして自分自身の言葉で、感嘆の声をあげてほしい。
それが、私達ESTIVANTのスタッフ全員の意向です


来年のクジラ船の募集が、12月1日にいよいよ開始されます。
何時まで開催可能か不確かな中、
何とかまだ来年は、開催可能のようです。
詳しい事はDIVE ESTIVANT HP Informationをご覧下さい。


私達と、最上級の感動を味わってみませんか???


『Page66 Photo : This is Whale』
今年撮影しましたクジラで纏めてみました。
その名も“This is Whale”
敢えて、Whaleの前に“a”はつけませんでした。
そう。ご想像の通り…“This is it”のパクリです。笑。

例年通り…
クジラ船まで100日を切った事を記念しまして(例年って…二年目やん。笑。)
このブログ「Paginate」のロゴの部分の写真を
「ESTIVANT GARDEN」から「This is Whale」に模様替えです。

クジラ船が終了する来年2月末まで、「クジラ一色」です。

皆様…最後までお付き合い…宜しくお願い致します。040.gif


と、ここまで読んで頂いて…
「うん???なんか見たことある文面だなぁ」と想われました方。
貴方はそうとうな“Paginateフリーク”です。笑。
去年のこの時期にUP致しました【100Days】とほとんど文面変わっていません。
と言うか…パクリました。

だって、去年も今年もクジラへの熱い気持ちが変わらず、
同じ気持ちのまんまなので…そうなってしまいました。
(手を抜いた訳では…無いつもりです。たぶん。汗)

宜しかったら…今一度【100Days】
[PR]

by paginate | 2009-11-09 20:44 | Whale-Chapter

【夢か?現実か?】・・・・・・・・・・Page65


本日、久しぶりにカメラを持ってのダイビング。

何日振りだろ??? 半月振り位かな???

ルンルン気分(今日日、こんな死語を使っている人いるんかな???)で、いざ海へ。

前々から、ガイドをしながらゲストに紹介する度に、

「あぁ~。私もこの子を撮りたいなぁ」と想っていた“シモフリタナバタウオ”へ一直線。



以下。水中での私の独り言です。笑。
(私。水中で唄も熱唱したり致しますが…独り言も言うのであります。
まっ。水中ではずっと口が動いていると言う訳です。汗。)


「うふふっ。居た居た。居らっしゃいましたぁぁぁ~。」
「ヒレを全開すると、とっても素敵なのよねぇ~。あ・な・たっ。」
「全開してぇ~。全開してぇぇぇぇ~」

c0174019_1892451.jpg




そこへ、もう一匹が、ファインダーIN。

「おおおっ。お嫁さんなのか???旦那さんなのか???」
「まっ。どっちでもいいかっ。」
「いいねぇいいねぇ~。絡んじゃって下さ~い。お願いしま~す。」

c0174019_189419.jpg




と、ほんとに絡みだしちゃいました。
「えっ。マジですか???いいんですか???」

c0174019_1895822.jpg




「いいよぉ。いいよぉ。綺麗だよ。あっ。もっと背ビレを靡かせて…」
「もう少し、角度を変えてみようかっ。そうそう。その角度だよ。」
「あともう少し、眼に表情を加えてみようかっ。そうそう。その眼。いいねぇ。」
「あぁ。いいよぉ。二人とも綺麗だよぉ。最高だよぉ。」

c0174019_18101479.jpg




約20分間。
亀裂の奥の狭い突き当たりで、上に下にと身体を動かし、
頭や、肘や、膝を岩にぶつけながらの、格闘撮影。
気分は…すっかり…アラーキーか、はたまた篠山紀信。

ライトを強く当てられようが、ストロボを連続で当てられようが…そこは…二人だけの世界。

「やっぱり、求愛中のお魚はきれいだねぇ」と、一人ご満悦の…わたし。



で、お船に上がって、パートナーに自慢話をぶっこく…わたし。
以下、私達夫婦の会話です。笑。

私 「撮っちゃったよ。シモフリの求愛。凄ない???凄ない???」
彼 「うぅ~ん。この時期産卵はしないよ。それは求愛じゃないよ。」
私 「…」
私 「でもなっ。2匹で絡み合って、ブルブルしてたで」
彼 「この時期にしている例はないよ」
私 「…」
私 「でもなっ。何時も以上に、ヒレ全開で、発色もめっちゃ綺麗やったで。」
彼 「う~ん。どうだろ???」
私 「…」


納得いかない…わたし。
で、撮影したものを見せてみると…


彼 「でしょう。卵産み付けてないじゃん」
私 「…」
彼 「きっと、喧嘩でもしてたんだよ。」
私 「…」
  

(こんな時、標準語で冷静に説明されると…妙にムカつく関西人。笑。)


この子達は、放精放卵だと思い込んでいた私。

精子も卵子もちっさいから、きっと人間の肉眼では見えないんやね~なんて。水中で想ってた。

求愛だと想っていた光景が…

なんと。プロに言わせると、喧嘩…らしい。

その後…急激なテンション↓↓↓な、わたし。


彼は…お魚の生態の知識が満載。

私は…彼に比べると、小学生並。

でも、今日は心の中で“ひっそり”と想ったのです。

「知識がない方が、幸せな時もある。」

「そうだっ。私は知識なんかいらない」…と。(違うだろ???笑。)



と、こんな風に、私の夢見心地の幸せな時間は…見事に破壊されたのでした。笑。



最後に…

「彼はやっぱり凄いなぁ~。海の事を知り尽くしてはる。プロですね。」

(↑最後は…主人を立てる、けな気な妻風で纏まりましたでしょうか???爆笑。)



c0174019_18343636.jpg


確かに…そう言われると…喧嘩して、怒っていらっしゃる様に…見えてきた。汗。

ちゃんちゃん。
[PR]

by paginate | 2009-11-06 18:36 | Sea-Chapter