<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【会長が行く!!!ガイド会の海《小笠原諸島編》】・・・・・・・・・・Page146

【お知らせ】

この度…

ガイド会の会長婦人という、地位と名誉を乱用し(爆笑)

こんな偉そうな企画を勝手に立ててしまいました。

その名も…

【会長が行く!!!ガイド会の海】

世界のトップ水中ガイド集団!その名も「ガイド会」

そんな素敵なガイド会のメンバーさんの海を

「日本列島ダーツの旅」の所ジョージになりきって

ダーツの矢を川本裕子が勝手気ままに投じ、ダーツが刺さった海に出掛けて行くという

斬新かつ嫌がらせの様な…特別企画。

今現在、33名のガイドさんが所属されている「ガイド会」

彼(川本剛志)が、会長で居させて頂けている間に、

何箇所の海に出掛けれるかは定かではありませんが

一年に1~3ヵ所ずつ位のペースで突撃出来れば、

潜れなくなってしまう年齢までには、

何とか全てのガイドさんの元をお邪魔出来るのではないかと

勝手に考えている…私(川本裕子)です。笑。

(↑ほんとに…お邪魔!!!ですねぇ~。迷惑極まりない計画!!!素敵ですね~。自爆。笑)



c0174019_14305483.jpg




で…

第一弾!!!

2011年6月24日に世界自然遺産に登録された…小笠原諸島(東京都)にお邪魔して参りました。

10/17に沖縄久米島を出発してから10/26に久米島に戻ってくるまでの九日間は、

日々の生活とはかけ離れた異空間を、夢を見ている様にフワフワとした感覚で

正に、文字通りの“あっという間”に過ぎさった九日間でした。

小笠原諸島は、東京湾から南に約千キロ離れた大小約30の亜熱帯の島々。

沖縄の島々の様子とは、又違った趣の素敵な島でありました。

ここで…

この九日間(小笠原自体は、四日間)の出来事を、

一つ一つ写真を上げてご紹介しても、なかなかこの感動は伝わりにくいと想います。

(決して、手を抜いている訳ではありません。たぶん。笑。)

一枚の組写真にして、私の感動を全てそこに凝縮したいと考えました。

と、言うことで…

今回の「小笠原諸島」の一枚は…これだ!!!ワン・トゥ・スリー。

(↑何時もの…「勝手に言っとけ!!!」ですので、皆さん笑ってスルーして下さいませ。)



c0174019_1432153.jpg



私の拙い写真では、素晴らしい小笠原の海は表現しきれません。涙。

皆さん。

小笠原諸島はとっても素敵な海でした。

行かれた事の無い方々は一見の価値ありです。

ここで、あれこれ多くは語りません。

(だから…手を抜いている訳じゃ…無いですよ。汗)

ご自分で行って、見て、体験して…感じてらして下さい。

まっ。久米島にはチョッと(可也かな???笑)劣りますがねぇ~

(うふっ。オチが無いとね。笑。大阪人なのであります。私。)

まず、久米島に来て頂いて、世界一の海を堪能した上で、

それから小笠原へどうぞお出掛け下さい。。笑。


他の海の素晴らしさを知った事で、より一層“球美の海”を好きになれました。


c0174019_14342424.jpg



今回の小笠原では、南俊夫さんにお世話になりました。

最初は緊張ぎみな南さん御夫婦でしたが、最期にはお友達になれました。

(ねっ。ねっ。お友達になれましたよね。私の勘違いではないですよね。南さん。ハナさん。笑。)

大歓迎して下さった南家の皆さんに、心より御礼申し上げます。

絶対にアラスカにご一緒しましょうね。約束ですよ。



又、彼(川本)が小笠原に来た、と言う事で、一席設けて下さいました

小笠原ダイビングセンターの森田 康弘さん。

DeepBlueの田中 美一さん。

ウラシマンの森下修さん。

皆様に御礼申し上げます。愉しいひと時を、ありがとうございました。


c0174019_1693731.jpg



最期に…

私達が遊び呆けている間。しっかりとエスティバンを守って下さった

スタッフの伸さん、雅さん、雅志さん、瞳さん、海童さんに

心から感謝したいと想います。

素敵な時間を下さって、本当にありがとうございました。

そして…

こんな迷惑な企画を立ててしまいましたので…次回も宜しくお願い致します。自爆。




※今後の予定(あくまで勝手な予定です。)
タイのビッグブルーの大村健さんとこ。
四国高知の堅田純平さんとこ。
静岡市三保のダイバーズ・プロアイアンの鉄多加志さんとこ。

ダーツの刺さった所のガイド様…どうぞ私達の面倒を宜しくお願い致します。川本剛志・裕子





『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2011-10-28 14:46 | Sea-Chapter

【Debut】・・・・・・・・・・Page145

c0174019_17344515.jpg


本日…

7Dのデビューを果たして参りました。(笑)

7Dが私の手元にやってきて、初めての水中撮影です。

そこで、新たな挑戦もして参りました。(←大袈裟。笑)

今まで、マニュアルフォーカスしか使ったことの無い…私。

パートナーの「オートの方が楽だよ!!!」という、悪魔の囁きにまんまと嵌り、

レンズの設定をオートにポチッとしてみました。

よって…水中でレンズが「ウゥ~ン???ウゥ~ン???」と悩んでらっしゃいました。

このレンズが悩まれる工程に慣れるまでに暫く掛かりそうです。

暫く、諦めずにオートフォーカスで頑張ってみようと想います。

(勿論。シャッターを切る段階では、マニュアルで微調整は致します。今までは全てがマニュアルでしておりました。)



本題です。

7D…素晴らしいです。

未だ初日ですので、細部までは理解出来ていませんが、

まず最初にファインダーをのぞいてみての感じたのは、ファインダースクリーンが大きくてクリアだったこと。

ボチボチ老年の域に達しようとしている…私には嬉しい明るさでした。笑。

ライブビューも写る画像の色合いが美しく、撮影している者としては、自ずとヤル気にさせられます。笑。

さて…撮影された画像はと言いますと…

こちらはやはり『腕』次第なのでしょうね。自爆。

これからドンドンお勉強していきたい!!!と、想わせてくれる素晴らしい名機だと想われます。




で、ここで一つ。本日の発見です!!!

久しぶりのお勉強シリーズです。(←勝手にやっとけシリーズですので、興味の無い方はスルーされてくださいませ。笑。)



【お魚の不思議(ゼブラハゼ編)】

皆さんは、ゼブラハゼが胸鰭、尾鰭、背鰭、下顎下辺にある皮弁の全てを広げた場面を

はっきりと確認された事がありますか???

私はゲストに、このゼブラハゼの全開をご紹介する時に、

「ゼブラハゼの変身!!!」と、スレートに書いています。

正に、変身以外の何者でもないあの変貌の仕方は、誰しもが驚くほどの変わり様なのであります。

そこで、私が本日発見した事実は、

ゼブラさんが全ヒレと皮弁を開く…順番です。


c0174019_18511075.jpg



①まん丸の胸鰭
②腹鰭と尾鰭
③背鰭
④皮弁

「ほんまかいなぁ~」と、想われた皆様…

嘘です。爆笑。

今日の私の勝手気ままな観察の結果、私だけが間違いない事実だと勝手に想っているだけです。自爆。

が…変な確信はあります。ただ、一瞬で全ての鰭と皮弁を開く固体もいらっしゃるので、正誤は何とも言えません。

しかし、最期に皮弁を開くと言う部分だけは、100%間違いない気はしています。

きっと…かならず…たぶん間違いない…はずです。自爆。

何方か…はっきりとした情報をお持ちの方はご一報下さいませ。

宜しくお願い致します。040.gif



※③の子…全ての鰭を開き、今正に皮弁を広げ変身を成し遂げようとしているのが解りますか???

凄くないですか???こんなの撮れちゃう私。(爆笑)

今日はこれくらいにしといたろかっ!!!(笑)


『Be Paginating』
私が…
今、眼にして、
今、想ったこと、感じたこと。
今この瞬間の出来事を1頁に綴った…
現在進行形ブログ。
[PR]

by paginate | 2011-10-14 18:56 | Sea-Chapter